運動不足のインドア派にオススメ 部屋でもできる「玉吉体操」&「四股を踏む」

2017年05月18日 | スポーツ
 自宅でできる、手軽で簡単な運動法はないものか。

 というのは、運動不足やダイエットに悩む人たちに共通した思いではなかろうか。

 ジムに行くのはめんどくさいし、ジョギングやウォーキングは雨の日や真夏だと出られない。ルームランナーなど器具は高いし場所も取る。ストレッチではちょっともの足りない。

 かくいう私も、なにか部屋で出来る運動はないかとあれこれ模索したもので、


 1.エア縄跳び(下の人がうるさい)

 2.ヒンズースクワット(ヒザが痛くなる)

 3.踏み台昇降(単調なのでやっていて飽きる)


 など試行錯誤したものだが、その末に「おお、これは!」とたどりついたものがあり、それがその名も「玉吉体操」。

 これは、『しあわせのかたち』や『防衛漫玉日記』を描かれた漫画家の桜玉吉さんが考案した運動法。漫画の中で紹介されていて、自分もなんとなくやってみたら、これがなかなかのスグレモノだったのだ。

 やり方は、ものすごく簡単。部屋で適当に踊る。これだけ。

 玉吉さんは最初、NHKでやっていた気孔体操をまねて舞っていたそうだが、そのうちどんどん振り付けがアバウトになって、今では独自の進化を遂げたのだという。

 中でも音楽を取り入れたのが大正解で、仕事で煮詰まったときなど、お気に入りのCDをかけて気分転換に踊っていたら、1時間でも2時間でも経って、たいそう運動になる。

 おかげで体調もすこぶる良好になり、それだけで7キロの減量に成功したという。

 玉吉さんが自賛するところでは


 「お手軽で経済的ですばらしい儀式」。


 これがですねえ、最初はバカにしていたんですが、やってみると意外なほどハマるんです。

 玉吉体操のいいところは、とにかくわずらわしいルールがない。

 音楽をかけて、あとは好きに体を動かすだけ。ステップを踏むもよし、飛び跳ねるもよし、体をプルプル振るもよし、とにかく本能のままにレッツ・ダンシング!

 振り付けを覚えたり、「○○運動を毎日5セット」とか制約もないし、かかるお金はゼロだし、雨の日でもできる。気分が乗らないときには、10分程度でやめても、けっこうスッキリするもの。
 
 服装も自由だし、なんだったら裸でもいい。玉吉さんは「パンツ一丁に万歩計」という姿でやっているそうだが、たしかに解放感はありそうだ。カーテン閉めるのを忘れると大変だが。

 アレンジも自由。気分を変えるために、太極拳風にやってみたり、ヨガを取り入れたり、フリが思いつかなければラジオ体操でもよし。

 ソニックビートでも盆踊りでも、とにかく、ロケロケロッケンと踊るだけなのだから、なんと楽ちんなのか。運動オンチでもかまわない。だって、適当に踊るだけだもーん。

 だれに見られるわけじゃなし、遠慮することなくへっぽこな舞を舞いましょう。とにかく「ルールなし」。このハードルの低さが魅力です。

 こんな、コストパフォーマンスは最強な玉吉体操だが、唯一の欠点は、玉吉さん自身が言うように、


 「人にすすめると、必ず失笑を買う」


 アハハハハ! その通り。この玉吉体操に躊躇するのは、

 「やっている姿がすごくマヌケ」

 だから、正確には「部屋でできる」じゃなくて、「部屋でしかできない」。

 そらそうだ。パンツ一丁で万歩計振りながら、「う~う~まん~の~くら~い~♪」なんて歌って気孔体操をやってたら、ただの変態ではないか。

 かくいう私も、いつものようにミッシェル・ガン・エレファントのDVDを見ながら楽しく踊っていたら、興に乗りすぎて、つい声に出してしまった。

 「みんな、今日はオレのライブに来てくれてありがとう!」

 音はイヤホンだから外にもれないけど、自分の声は丸聞こえ。

 あわててイヤホンを耳からはずすと、窓を開けていたせいで、外から通行人のブッと吹き出す音が聞こえてきた。

 イモジャー姿で、どこが「オレのライブ」や! 赤っ恥とはこのこと。しばらく、布団にくるまってうめきましたよ。

 こんなノリすぎ注意の「玉吉体操」は効果も「継続力」も抜群。インドア派の皆さまに、ぜひともオススメ。


 (続く→こちら




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将軍サマは爆笑コント王? ... | トップ | 運動不足のインドア派にオス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。