「イケてない男子ほど、クラスで一番かわいい子を好きになるスパイラル」について その2

2016年10月11日 | モテ活
 前回(→こちら)の続き。

 「イケてない男子ほど、クラスで一番かわいい子を好きになる」

 それはモテない男子は女性と接する機会が少なく、どうしても「見た目」以外の要素を判断材料にできないため。

 でも、女性にかぎらず、人の魅力は見た目も大きいけど、それだけでもあるまい。

 実際、私は昔バイト先で出会った美人と食事をする機会があったとき、そのことを実感したもの。

 席について、こちらを見つめる彼女の、その朝の陽光のようなさわやかな笑顔にはハッキリと、

 「さあ、これからのランチの時間、あなたがわたしのことを全力で楽しませてくれるのよね?」

 そう書かれてあったからだ。

 え? ふつうにバイト仲間同士で、メシ食うだけちゃいますのん? なんでそこにマイルドな「主従関係」が?

 しかもそれが、イヤな女とかそういうことではなくて、ただただ自然というか、

 「そういうふうに育ってきた」

 ことがありありとオーラに出ていたからだ。「みんなそうしてるのだから、当然あなたもそうするのでしょ。とっても楽しみ」と。

 こちらが「あはは……美人ってすげえな……」とあきれていると、彼女は自分からなにかを発することなく、やはりステキな笑みを浮かべながら、

 「さあ、はやくお始めになって」

 という表情で、こちらを見ている。

 これには、いかりやの長さんのごとく「ダメだ、こりゃ!」となって、それ以来どうも美人は苦手なのだが、そういったことも、リアルに女性とコンタクトしてみないと実感できまい。

 嗚呼、美人(なだけ)のお姉さん、なんて尻がわれるくらいにつまんねーんだ! と。

 このときはつくづく、「女って、見た目だけやないよな」と学習しましたね。

 でも、こういった失敗(?)って大事。

 じゃないと、そのままではずーっと女性を「見た目」以外の基準で選べない。中身を知らないし、知る機会もないから。

 ゆえに、「高嶺の花」にしか目が行かず、モテからも遠ざかる。

 しまいには、いわゆる「美人」じゃない異性を連れている人を見たときに、

 「なんでやろ」

 「ブス専なんやろな」

 「あんなんとつき合うくらい落ちたか」

 などといった一面的な感想ですましてしまいがちだ。

 それはまあ、正しいのかもしれないけど、反面自分にはその「不美人」のビジュアル以外の良さを理解する「知性」が足りないのかもしれない。

 そのことが、彼の選択肢を大きくせばめることになってしまう。

 まとめると、


「モテ男は比較的楽に彼女ができるため、はやくに経験値が増え、《女性の中身》を知る機会が多い。

 なので《顔以外》の女性の良さを見ることができるから、幅広い女性と交際のチャンスを得られ、必然的に彼女ができやすく、見た目だけではわからない『当たり』も引きやすい」



 その一方で、



 「非モテ男は女性と接する機会が少ないので、《見た目以外の女性の魅力》を知ることができない。

 ゆえに、《かわいい子とつきあいたい》→《でも非モテだから無理》という方程式から抜け出せず、経験値も増えず、《審美眼》も養えず、《かわいい子》以外の良い子に達せられないし、そもそも《かわいい子》は少数なのだから、競争率も高い。
 
 それどころか「ブサイクとつきあってバカにされたくない」という「非モテあるある」ネタにも縛られ、視野狭窄になり、出会いの機会も増えず、『身のほど知らず』とも思われ、ますますモテなくなるという悪循環」


 一言で言ってしまえば、「余裕」があるかどうかということか。

 こういうスパイラルがこじれてどうしようもなくなると、サリン撒くとかコロンバイン高校で乱射とかISでテロとか、そういうことになっちゃうんであろう。

 テロは怖ろしいけど、そのモチベーションはなにかと問われたら案外こんなもんなのは、町山智浩さんや大槻ケンヂさんも認めるところ。だから、この「非モテのスパイラル」問題は、われわれが思う以上に根深い面もある。

 泥沼にはまるとなかなか大変だが、ともかくも大事なのは「美人じゃなきゃダメ」という縛りは、それこそが結果的に美人を遠ざけることにもなる。

 なので、男はもっとフトコロを広げて女性と接するべきなのだ。

 と人生の先輩が、苦い教訓を説いてみると、なかなか彼女ができなくて悩んでいる後輩コハマ君は、

 「いや、それはわかってるんッス。そうなんスけど、でもやっぱりボクは橋本環奈みたいな子とつきあいたいんですよお!」。

 嗚呼、こうして輪廻の輪は続くのであった。

 まあ、若いときに言われても、そうなっちゃうよねえ。しょうがないよなあ。こういうのは、理屈じゃないもんなあ。

 結局この問題には基本的に解決策はないらしい。

 わかってなくて困ってるならともかく、原因はわかってるけど、「聞きたくない」わけだし、このスパイラルを抜け出す一番の方法は、

 「一回、彼女を作ってみる」

 ことであって、ここをクリアできると「知性」と「余裕」が身につくから一瞬で解決なんだけど、それって「なかなか勝てない野球部の悩み」に、「一回、試合に勝ってみたらいいんだよ」って言ってるようなもんだもんなあ。見事な論理矛盾。

 まあでも、これは本当だからなあ。「モテなくていろいろめんどくさいこと」になってる男子諸君、とにかくどんな形でも「一回戦突破」を果たしたら、急に景色が変わるのだ。
 
 「いや、だからそれ無理だって!」というのはもっともだけど、現になんとかその「とりあえずの1勝」から、ものすごく人生が変わった男子もけっこう見たからなあ。

 え? じゃあその男は、なにが良くて「1勝」できたかって?

 えーと……それはやっぱり「運」か。

 嗚呼、我ながらひどい結論だ(苦笑)。でも、実際そうだから、他に答えようがないなあ。

 命短し、こじらせないていどに高望みせよ男子!
 






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「イケてない男子ほど、クラ... | トップ | 映画ビギナーは、まず『シベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

モテ活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。