トーマシュ・ベルディヒ、ウィンブルドンのベスト8進出を、特攻野郎たちもよろこんでいます。

2017年07月11日 | テニス
 ツアーで鳴らしたオレたちチェコのテニス選手は、地味だとイジられ、実績のわりにはフィーチャーされてこなかった。
 しかし、「玄人好み」とフォローされがちなポジションでくすぶっているようなオレたちじゃあない。
 地力はあるから、けっこうビッグタイトルを取ったりしてしまう、不可能を可能にし、華のある選手を粉砕して観客をがっかりさせる、オレたち庭球野郎Cチーム!


 俺はリーダー、イワン・レンドル。通称「退屈なチャンピオン」
 バズーカ・ストロークとアルフォンス・ミュシャ収集の名人。
 俺のような旧日本兵みたいな帽子をかぶった男でなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。


 俺はラデク・ステパネク。通称「なぜかモテ男」
 自慢のルックスかどうかは不明だが、女はみんなイチコロさ。
 ド派手なウェアを用意して、マルチナからぺトラまで、チェコ系女子ならだれとでもつきあってみせるぜ。


 私はヤナ・ノボトナ、通称「チキンハート」
 チームの紅一点。
 ウィンブルドン準優勝は、ネットプレーと土壇場の勝ちビビリでお手のもの!


 よおお待ちどう。俺様こそトーマシュ・ベルディヒ。通称「一応ウィンブルドンのファイナリスト」
 嫁選びの腕は天下一品!
 ベルディハ? バーディッチ? だから何。


 ペトル・コルダ。通称「シューゾーマツオカ・ルール」
 欽ちゃんジャンプの天才だ。全豪優勝のときでも飛んでみせらぁ。
 でもドーピング検査だけはかんべんな。


 俺達は、スター一辺倒のテニス界にあえて挑戦する。
 頼りになるいぶし銀の、庭球野郎Cチーム!
 マニア好みの通を気取りたいときは、いつでも言ってくれ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉田祐一 バルセロナでベス... | トップ | 決戦!「愛国教育」vs「自虐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。