モーガン・スパーロック『ビン・ラディンを捜せ!』を観て、なぜかプロレスについて熱くなる

2017年05月10日 | 映画
 「モーガン・スパーロックほど、悪逆非道な男を見たことがない!」。

 そんな憤りの声をぶつけてきたのは、友人ミテジマ君であった。

 モーガン・スパーロック、といえば映画ファンにはなじみのある名前だ。アメリカのドキュメンタリー監督。

 代表作ともいえる『スーパーサイズ・ミー』では、マクドナルドのメニューを30日間食べ続けるという「人体実験」で、ファストフードにかたよったアメリカ人の食と健康事情をレポートした社会派である。

 それが悪逆非道。はて? まじめで、世界の諸問題と積極的に向き合うインテリ監督に、そんな言葉は似合わない。友はなにをもって、モーガンをそんな糾弾するのかと問うならば、

 「これや、この映画を観てくれたら、コイツがいかにヒドイ男かわかる!」。

 そうして紹介されたのは、モーガン・スパーロック監督作品である『ビン・ラディンを捜せ!~スパーロックがテロ最前線に突撃~』。

 内容としては、9.11のテロののち、子供の将来に不安を持ったモーガンが、

 「オレが悪のボスであるオサマ・ビンラディンを自ら捕まえたる!」

 そう宣言して、イスラム圏の国々を回り、捜査するというもの。

 もちろん「自分で捕まえる」というのは冗談で、実際はそういうコメディータッチな体でムスリムの人々と接し、その過程で、

 「アメリカでは今、イスラムの人々が全員テロリストのように報じられているが、本当は彼らだってわれわれと同じ善良な市民なのだ」

 ということを伝えていく、ヒューマンなドキュメントだ。

 私個人は『スーパーサイズ・ミー』といい、こういう

 「みんなは、まじめでかしこい人だって思ってるみたいだけど、ボクだって、こんなひょうきんなことができるんだよ」。

 といった「秀才が、がんばっておバカなボケをふりまく」タイプのノリは苦手なのだが、映画自体はさすが売れっ子監督。なかなかおもしろいうえに、イスラムの国々の生活文化なども見られて、とても勉強になる。

 なんだ、ふつうに良作ではないか。これのどこに悪があるのかといえば、途中、パキスタン編に突入したところで、「ん?」となった。

 われらが大日本帝国は、まあいろいろ言いたいことはあるとはいえ、一応は親米だけど、世界の諸民族や国家には反アメリカという人々も目立つ。

 イスラム国家であるパキスタンも御多分にもれず、強い反米意識、ビンラディンへの礼賛の声、過激なデモなどUSAをざわつかせる要素が散見されるが、私が気になったのは、パキスタン商店街のおじさんによるこんな言葉だった。

 「プロレスはガチンコだよ」。

 プロレスはガチ。政治ドキュメンタリーで、なぜ唐突にこんな言葉が出るのかといえば、パキスタン男子はたいそうプロレスが好きで、しかもアメリカン・プロレスも大いに好むのだという。

 「アメリカは嫌いだけど、アメリカ文化は好き」

 というのは、私も色んな旅行をしていて感じる「反米あるある」だけど(中国や韓国で日本のマンガやアニメが好まれるのと同じですね)、この商店街おじさんもTシャツ屋で、プロレスシャツが店頭にディスプレイされていたから、相当なファンである。

 そこで、モーガンは笑いながらたずねる。

 「プロレス、好きなんだ」。

 それに対するパキお父さんの答えが

 「もちろんさ、プロレスはガチンコだからね」。

 この言葉に、私は深い感銘を受けた。

 プロレスはガチ。なんだか太古の昔、たぶん室町時代末期くらいまで、我々日本人の間では、そんなことが信じられていたような気がする。

 そこでハタとひざを打ったのだ。友人ミテジマ君は、大のプロレスファンである。

 常日ごろ、『週刊ゴング』と『大阪スポーツ』を愛読しており、家では弟と日夜スパーリング(という名のプロレスごっこ)を重ねるという熱心さだ。

 ところがだ、モーガンはそんな、パキスタンのミテジマ君ともいえるTシャツ屋のおじさんに、笑顔でとんでもないことを言い放ったのである。


 (続く→こちら



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大槻ケンヂ、清水伯鳳と「闇... | トップ | モーガン・スパーロック『ビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。