内田魯庵はトルストイ『復活』をどう評価したか 鴻巣友季子『明治大正翻訳ワンダーランド』 その4

2017年03月08日 | 
 4番連夜の鴻巣友季子『明治大正翻訳ワンダーランド』サーガ。

 前回(→こちら)まで「超・訳者」である、偉大なる黒岩涙香先生の娯楽魂あふれるというか、フリーダムすぎる翻訳人生について語ったが、今日お伝えしたいのは内田魯庵先生のお話。

 魯庵先生は明治時代に活躍した翻訳者だが、先生が訳した作品の中に、トルストイの『復活』がある。

 大正期、ツルゲーネフが初めて日本語に訳されてから、ちょっとしたロシア文学ブームがあった。

 魯庵先生もその多分にもれず、ドストエフスキーに耽溺。『罪と罰』を三日三晩、不眠不休で一気読みして、ぶっ倒れたというのだからすさまじい。

 勢いにのって『罪と罰』を日本語訳し、出版。商業的にはふるわなかったものの、「名訳」として今なお評価が高いそうな。

 そんな魯庵先生、ひょんなことからトルストイの『復活』を訳して、新聞に連載するという仕事を受けることになった。


 「彼のような作家は前後1000年はあらわれない」


 とまでいいきるドストエフスキー好き好き大好きの魯庵先生だが、残念ながらトルストイとは、どうもそりが合わなかったようであった。

 だがそうはいっても引き受けた以上紹介せねばならない。そんな魯庵先生の心情が、連載第一回目の前書きにあらわれている。以下、その文。


 「『復活』の翻訳を連載するに先立ちこの小説について一言言っておきたい」。


 ここから続けてがすごい。


 「この小説は、おもしろくない小説である」。


 いきなりそれはないだろ!

 連載初日にいきなり「この小説はおもしろくない」。いいきってますよ、魯庵先生。

 新聞小説史上前代未聞、空前にして絶後の前書きであろう。

 そこからも


 「小説の体をなしていない」

 「ストーリーが単純すぎる」

 「説教くさい」

 「ここまで退屈な話もめずらしい」



 ハードパンチを連発。

 あまつさえ「新聞小説に向いていない」と自らのレゾンデートルすら完全否定。

 だがここまでいってもいい足りないのか、魯庵先生はさらに連載第二回目には「読む前の心得」として、「この小説はおもしろくない」とさらに強調した上で、


 「この作品は長編であり、後半はそこそこ読めるから最初の15、6回は辛抱して読んでいただきたい」。


 こうまで「つまらない」と書かれると、かえって読んでみたくなりそうなくらいである。

 とにかくまあ「そこまでいわんでもええですがな」といいたくなる、魯庵先生のぼやっきっぷり。

 辛抱するのが「15,6回」というのもすごい。

 まだしも「せめて2、3回くらいは」と書きそうなものだが。15回もガマンして読まないよ、普通は。

 そしてとどめに


 「小説としてではなく、ロシアの風俗習慣を学ぶ本として読んでいただきたい」


 なんて「文学性」を完全否定。ダメ出しここに極まれりである。そりゃ、あんまりだ。

 そんな完全にじゃみっ子あつかいの『復活』だったが、皮肉なことに連載中は大好評。トルストイの代表作として大いに評価されることとなった。

 魯庵先生、さぞや複雑な心境であったことであろう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒岩涙香先生、そんなに原作... | トップ | 『マネーボール』の「セイバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。