空気中のサンシャイン

二日酔いのラブレーン

一個桔子等於5味藥

2017-07-06 12:23:56 | 日記

  中醫認為,桔子具有潤肺、止咳、化痰、健脾、順氣、止渴的藥效。尤其是老年人、急慢性支氣管炎以及心血管病患者,是食用的上乘果品肌肉 線條
  一個桔子五味藥
  橘肉:味甘酸性涼,具開胃理氣、止咳潤肺、解酒醒神之功,主治嘔逆食少、口乾舌燥、肺熱咳嗽、飲酒過度等病症。因其富含維生素B1、維生素P,可輔治高脂血症、動脈硬化及多種心血管疾病,其所含的“諾米林”物質還有明顯抗癌作用,可預防胃癌。
  陳皮:橘子乾燥成熟的外皮,以陳者佳。其性溫味辛苦,具有理氣健脾、燥濕化痰、止咳降逆等功能,可治療脘腹脹滿及疼痛、食少納呆、噁心嘔吐、噯氣、呃 逆、便溏泄瀉、寒痰咳嗽等病症,還可解魚蟹毒。採收陳皮時,去其白內皮後的紅色外皮叫橘紅,去紅外皮後的白色內皮叫橘白,臨床也專用,二者功效同陳皮,但 前者側重燥濕化痰,後者則長於和胃化濕。
  青皮:橘子未成熟果實之外皮或幼果,色青而名之。其性溫味苦辛,具疏肝破氣,散結消痰之功,力較陳皮而強,常用於肝鬱氣滯所致的胸脅脹滿、胃脘脹悶、疝氣、食積、乳房作脹或結塊、癥瘕等症體癬 藥膏
  橘核:橘子的果核(種子),性微溫味苦平,功專理氣散結止痛,對睾丸脹痛、疝氣疼痛、乳房結塊脹痛、腰痛等有良效。
  橘絡:橘皮內層的網狀筋絡。性味甘苦平,有行氣通絡,化痰止咳之功,主治痰滯經絡之胸脅脹痛、咳嗽咳痰或痰中帶血等症。
  吃桔子注意4點
  1、飯前或空腹不宜吃
  桔子好處雖多,但宜常吃,不宜多吃。因為桔子果肉中含有一定的有機酸,為避免其對胃粘膜產生刺激而引起不適,對胃不利。建議不要空腹吃桔子。
  2、桔子與牛奶不宜同食
  牛奶中的蛋白質易與桔子中的果酸和維生素C發生反應,凝固成塊,不僅影響消化吸收,還會引起腹脹、腹痛、腹瀉等症狀。因此,吃桔子的前後1小時內不宜喝牛奶。
  3、陰虛體質的不要吃
  中醫認為,桔子性溫,多吃易上火,特別是屬於陰虛陽盛體質,最好少吃,不然會出現口舌生瘡、口乾舌燥、咽喉幹痛、大便秘結等症狀燃燒脂肪。建議吃些柑桔,可免上火症狀。
  4、孩子別吃太多
  孩子貪吃、多吃桔子,容易會上火。如果孩子吃桔子過多,出現所說的“上火”表現,如舌炎、牙周炎、咽喉炎等,應停食1-2周,再吃。
http://health.sina.com.cn/hc/2017-08-08/doc-ifyitamv6517230.shtml

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  定製家居行業的七大趨勢與三... | トップ | 東方日報A1:天眼攝林蹤影 ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。