Share the Wind 

2013年11月25日~2014年1月24日
旅人と小学校を建設
2015年4月から新たな挑戦へ
子どもの応援を。

バッグ納品。まだまだ頼りないけれど。

2016年10月19日 | 挑戦


バッグ作りを始めて2か月が経ちました。

先日、シェムリアップにある
キャンディーアンコールさんにバッグを納品。





お店の方には、
バッグの製作の時からずっとアドバイスを頂いていました。

僕らにとっては、踏み入れたことのない世界。
商品を作って、売る。お金を頂く。
それに対しての質や幅の広げ方、こだわり、見せ方、働き手のモチベーション。
沢山のことを勉強させてもらっています。

お店には、ピアスも3種類ほど置かせて頂いています。
シェムリアップのナイトマーケットに店を出しているHari Hara。

店主の方とは、小学校建設からの知り合いで日頃からお世話になり、
今回は、お菓子袋を使ってピアス、小物商品を何か作れないかという案で
製作の時からずっと商品に対して協力をして頂いていました。


シェムリアップに来た際は是非、お店の方に寄って見て下さい(^^)/

素敵な商品、カンボジアの魅力が詰まったものが沢山置いてあります♪

○キャンディーアンコール
Facebook→https://www.facebook.com/キャンディーアンコール-Candy-Angkor-50541236…/
●Hari Hara
Facebook→https://www.facebook.com/harihara.cambodia/?fref=ts


2か月。本当にあっという間でした。
最初は、村泊まり。そこから、毎朝5時30分にシェムリアップを出て村へ。
朝7時からまず1か月間バッグの研修期間。
今比べたら、ずいぶんと丁寧になっている。

作るから売るクオリティーへ。
1つ1つの作業が完成した時に、見栄えや質を左右するということが本人たちの中でも少しずつ分かり始めてきている。
洗い、選別し、型に切り、折って、1つ1つを縫い合わせる。
本人たちが判断を出来るようになりつつある。

僕らは、その質をさらにあげるためには?
効率を良くするには。
商品の幅を増やすには?
何に使えるか?
村のゴミを全部使うには?を考えている。
目指すとこは、ゴミからゴミを出さない商品づくり。
加工を視野に入れながら。

そして、彼女たちの生活。
学校との両立、家事との両立。
先のビジョンの共有。輪の拡大。仕組み作り。と考える点は多い。

11月からは新学期が始まる。
新しい発想で作り方を考える必要がある。
そこにどういう形でどんな村人を繋げていくかはまだ、これといったものが出てこない。
大きな視野で一回見直したいと思う。


本当の始まりはここから。
ある程度のプレッシャーを自分たちにもかけながら、自信をつけていきたい。
自信をつける。ここが今、一番必要な部分かもしれない。
そうすれば、点と点がなんだかの気持ちで通っていく気がする。分からないけれど。(汗)



焦らず。根気強く。初心をしっかり胸にしまって。


これからのバッグづくり、3人で挑んでいきます。




心強い仲間です。
自分とは違った見方、考え方、捉え方、工夫、、、。
今なら、何でもできる気がする。こんな感覚久々。

シェムリアップで、もがいて試行錯誤、結果が見えなさ過ぎた時は
帰国や1人を感じていた。
今は、思わない。頑張れる。

自分の中のこだわりや尖っていたものも少しずつ捨てつつ新しいモノを吸収
していきたいと思う。そう思うせてくれた。


本当にありがとう!



ここ3日は、タイはバンコクへ。
バッグのアイディアや部品などを探してまわってきました。
久々の外の国。
人の好さ、言葉、カンボジアという国をそして村を少しだけ落ち着いた状況で振り返ることが出来ました。








まだまだ頼りない自分。
周りに頼りながら、心から良いと思えるモノを創り出していきたいと思う。

本当に感謝。


------------------------------
HP→http://share-the-wind.sunnyday.jp/ゆうちょ銀行
「口座名」Share the Wind(シェア ザ ウィンド)
「店名」〇二八(読み ゼロニハチ)
「店番」028 「口座番号」4057842


代表 内田隆太
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1か月半を通して。 | トップ | 待ちに待った日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL