カルカッタより愛を込めて・・・。

コルカタより桜咲く日本に帰ってきました。

ケンが疲れ切っていた。

2017-03-20 19:10:41 | Weblog
ここ数日、私の隣の部屋に住むハウラーステーションで働くケンはとても忙しく、毎日のようにハウラーから患者をカーリーガートに運び、昼食もカーリーガートで取り、午後もその患者の治療を手伝ったりして、帰って来るのは四時、五時くらいになっている。
今も会ったのだが、物凄く疲れていた。
「お茶を飲むか」と言った私の声もはっきり聞こえなかったのだろう、またベッドに戻ったようだ。

シアルダーは今日からアメリカ人のティックラが参加し、ガールズトークが一段と増したように思うが、まあ、こらから二週間掛けて、なるべくしっかりと仕事を教えて行きたいと思っている。
犬に噛まれたプゥスポの様態がやはりあまり良くないので、明日シュシュババンに運ぶ予定である。
そのため、私は今日プゥスポの両親に了解を得に行った。
明日両親とともにシュシュババンに行き、プゥスポは体調が良くなるまでシュシュババンに居られるよう、すでにディスペンサーのシスターからシュシュババンのシスターに話しが通っているので、たぶん、何事もなくうまく事が運ぶと思うが、ただプゥスポはまだ五歳くらいなので、一人でシュシュババンに居られるかが心配である。
ディスペンサーのシスターからは今日プゥスポをシュシュババンに運ぶように言われたが、私は一日置き、両親からプゥスポに優しくシュシュババンに泊まるように話してもらうようにした。
プゥスポの体調が整えば、シュシュババンのシスターはプゥスポが学校に行かれるように手配もしてくれるとの事だったので、うまく行く事を願わずにはいられない。

私が去る前にしなくてはならない事がまだまだあり、悩む事も多いが、すべては神さまに委ね、祈るだけである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Anyway. | トップ | ブルーノと物乞い。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL