【インド直輸入紅茶】シャンティー紅茶のブログ

インド直輸入紅茶のシャンティー紅茶がインドのちょっとした話題から紅茶にまつわる話まで皆様へお届けします。

紅茶deパーティーレシピ〜豚肉の紅茶煮〜

2017-01-01 | インド紅茶
こんにちは。インド直輸入紅茶シャンティ紅茶 広報担当Kanakoです。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか。kanakoの住む、ここインドは日中最高気温が30度前後になる街ですが暑さに負けず新年のお祭りさわぎでございます。一方、ホテルには未だにクリスマスツリー🎄もならんでいたり、、。


さて、今日は、Kanakoの今年のパーティーレシピ「お手軽簡単豚肉の紅茶煮」をご紹介したいと思います。


▲ホームパーティーで大好評でした

作り方は、いたって簡単。

準備するもの
豚肉のかたまり(お好きな量)
紅茶の茶葉20g前後(お好みで調整)
ひたひたに豚肉が隠れるくらいの水
市販で売っている緑茶ティーバッグ


(マリネードするためのソース)
醤油、酒、みりん、お酢、

付け合わせ野菜
お好きなもの何でも、、。私は、たいてい玉ねぎスライス

1、上記を準備してからまずは、鍋に豚肉を入れひたひたになるくらいの水を入れます。
2、ティーバッグを作ります。市販で売っている緑茶ティーバッグを2枚今回は使いまして、各々、約10gの紅茶を入れます。
茶種は、濃い煮出し色が欲しかったので「アッサムCTC」を使いました。


▲手作りティーバッグを作ります。

そして、豚肉と水の入った鍋にこのティーバッグを入れ、45〜1時間、じっくりコトコトと煮ます。調理時間は豚肉の量によって加減してください。


▲この時は約600gの豚肉かたまりを使用したので、中火で1時間くらいコトコト煮ました。たまに、裏返したりして紅茶の色合いが満遍なく色づくようにします。

その間の、つけダレを作っておきます。各調味料を混ぜ、小鍋で一煮立ちさせます。また付け合わせの野菜も準備します。
この日は、玉ねぎスライス、トマト、きゅうりでした。玉ねぎスライスはつけダレとマリネードします。

煮立ったら豚肉を取り出し、上記のつけダレと合わせ、コロコロと転がしながら味がしみわたるようにします。あとは、どのタイミングでサーブするかですね。冷蔵庫へ入れて一晩、食べる直線に薄切りにするもよし、つけダレと合わせて間もなくして食べても十分に美味しいです。個人的な感想は、紅茶成分が肉の旨み成分を「ぎゅっ」としめて、味わいも歯ごたえも冴えのある一品になります。

この時期のパーティーシーズン、活躍すること間違いなしです。
シャンティ紅茶のこちらの「アッサムCTC お徳用200g」を今回は使用しております。


▲マリネードした玉ねぎスライスと一緒に食べると、これまた美味しい!

▼アッサムCTC お徳用200gは、こちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/shanti-assam-ctc200g.html


それでは、皆様ハッピーな新年ホリデーをお過ごしくださいね。


▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/
▼シャンティ紅茶公式ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャンティ紅茶クリスマスセ... | トップ | 寒い、さむい!ミルクティー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。