【インド直輸入紅茶】シャンティー紅茶のブログ

インド直輸入紅茶のシャンティー紅茶がインドのちょっとした話題から紅茶にまつわる話まで皆様へお届けします。

シャンティ紅茶2017ファーストフラッシュ

2017-06-04 | インド紅茶
こんにちは。

インド直輸入紅茶シャンティ紅茶広報担当Kanako です。

週末はいかがお過ごしでしたか?なんだか、梅雨に入る前に一気に夏!?と言った感じの天気にもなる今日この頃です。今週も張り切っていきましょう!

さて、シャンティ紅茶紅茶では、2017年新茶「ファーストフラッシュ」を発売中です

この時期ならではの限定新茶です。今回は、ファーストフラッシュダージリン2ロット、ファーストフラッシュアッサム1ロットのご紹介です。


▲今年のファーストフラッシュはダージリンが2種(緑)、アッサム1種(赤)の計3種をご紹介します。



まずはファーストフラッシュ「オカイティ茶園




▲茶葉も新芽を摘み取るので、通常の紅茶の色というよりも緑がかった色です。



ファーストフラッシュらしい優しく甘い香りが広がり、その余韻が続きます。花や果実を思わせる優雅と、まろやかでとろりとした繊細な味わいがある紅茶です。



30g入りの缶。可愛いです♪



次に、同じくファーストフラッシュダージリン「ナムリンアッパー茶園

ナムリン茶園はダージリン北東部、ティースタ渓谷の標高 1000 〜 1800m に位置する茶園です。ダージリンの中でも最も歴史が古く、最も広大な茶園の一つで、創立は 1855 年。低地か、高地でlower, upperのどちらかに別れ、今回ご紹介するロットはアッパーの茶園です。



▲今回のロットは、すっきりと引き締まったフラワリーな香りと、甘美でありながらシャープなコクと渋みが心地よく広がります。

こちらも上記茶園同様、30g入りの缶20g入りの袋入りで発売中です。

最後はファーストフラッシュアッサム「マンガラム茶園」です。
ふくらみのある甘い香り、そして程よいコク・甘味が広がる茶葉。可愛い丸缶に入ってます。
2017ファーストフラッシュアッサム マンガラム茶園[FTGFOP1 CL]


▲こちらは、アッサムティーですので、ミルクを加えて頂くと、とっても香りが引き立ちます。





▲こちらのマンガラム茶園は、缶タイプ、袋タイプ、共に40g入りでございます。


是非、この機会にシャンティ紅茶のファーストフラッシュをお試しくださいませ。
それでは良い1日を




▼シャンティ紅茶ファーストフラッシュについてはこちら
https://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/32aaa0332bb.html


▼シャンティ紅茶公式HP
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶の歴史

2017-05-16 | インド紅茶
みなさんこんにちは。

インド直輸入紅茶シャンティ紅茶広報担当Kanakoです。

連休が終わり、気づけばもう5月半ば、アァ、、あっという間に梅雨の季節がやってきます、、。


さて、Kanakoのインド紅茶の探求は最近では世界の「茶」についてもまで及んでおります。

そんな中、今日はTED Education の動画で「The History of tea (茶の歴史)」について紹介していたので、ここで取り上げます。

世界の飲料で水の次に消費される茶。
それでは、この茶はどこが起源なのか、そしてどのような経緯でこんなにまで有名になったのか?


この動画によると「茶」の歴史は6千年前まで遡り、中国ではその昔「末茶」(モーチャ)派生してMatchaと呼ばれていたそうです。
そして、日本に茶がもたらされたのが9世紀、16世紀に入りヨーロッパ諸国へと茶が広まり、現代に至るまでまとめられています。
世界で飲まれる飲料として、水の次に多い、この茶、とっても身近ですが、その歴史は人との係りが深く、歴史が長いことを再認識しました。

それでは、ご覧ください。
そして、今日も良い1日を




🔼インドではお馴染みマサラチャイ


Tea is the most consumed beverage in the world, after water.
So, where did this beverage originate, and how did it become so popular?

The History of tea.



シャンティ紅茶では、もう間もなく今年のファーストフラッシュティーをご紹介
フレッシュで美味しい紅茶をインド、ダージリン地方、アッサム地方、ニルギリ地方からお届け!

▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/

▼シャンティ紅茶ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐバレンタインデー

2017-02-08 | インド紅茶
こんにちは。インド直輸入紅茶シャンティ紅茶Kanakoです。

節分も終わり、次のイベントはバレンタインデー、、ですね!
シャンティ紅茶の今年のバレンタインデーは、こちらのフレーバーティーをご用意致しております。
大人のティータイムを是非、お楽しみください。



まずは、バラの花弁を茶葉にブレンドした「ローズティー」です


ローズティー。バラの花弁をまぶしたティーバッグです




ストレートでも美味しく、さらにご自分のお好みのジャムを加えれば、そこはバラ満開のローズガーデンを思わせる贅沢なティータイム。
かわいらしいパッケージデザインにて季節限定販売、プレゼント用にも最適です。



▲ティバッグを取り出すと、そこはバラの香りが広がります




お次は「ショコラオランジュ



▲大人のティータイムを演出ショコラオランジュ



大人のマリアージュをイメージした甘くほろ苦いチョコレートの香りと華やかな柑橘系の香りが程よくブレンドされています。
こちらも、ストレートでお召し上がりいただくのも、また、はちみつを少し加えて、さらに奥深い味わいになります。


ショコラオランジュ。ちょっぴりほろ苦が、大人のバレンタインデーの演出をお手伝い




素敵なバレンタインデーをお過ごしくださいね





▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/

▼シャンティ紅茶ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い、さむい!ミルクティーでほっこり。

2017-01-19 | インド紅茶
こんにちは。
インド直輸入紅茶シャンティ紅茶広報担当Kanakoです。

NHKのニュースでは、発達する低気圧の影響で、20日の昼前から21日にかけて、西日本の日本海側の山沿いを中心に、雪を伴って風が非常に強く吹く荒れた天気になる見込みという予報が出ております。該当エリアの方は、ご注意くださいね


寒さも、本番、インフルエンザ対策も必要な今日この頃、皆様はどのような対策をしておりますか

手軽に、少しでも身近にできるような対策が、「毎日行う」対策のポイントですね。

そんなKanakoは、紅茶でうがいをするようにしています。

カテキンが喉に作用して菌の侵入を防ぐ、などを以前、本で読んだことがあります。1番茶で気分をスッキリ、2番茶で菌対策。です。

そして、さむーい!寒い寒い

と思った時には、シャンティ紅茶のアッサムティーリーフで、温まりますよ

それは、ストレートティーで飲むよりも、ミルクを加えて、砂糖または蜂蜜を加えると気分を温かくなります。そこへ、シナモンパウダーや、ターメリックパウダーなどをささっと振りかけて、「マサラチャイ風」にして飲むこともあります。
鍋からグツグツと煮出すこともありますが、忙しい時はポットでミルクティーを作って、そこへパウダーをふりかけるのも、一つの方法です。アッサムCTCは、特にミルクティーを作るには最高の、茶葉が丸まっており、煮出してもミルクに負けない味わいを出せる茶葉です



アッサム種の茶葉は、16世紀、インド南部で栽培に成功した、暑さに強い茶種。味わいはミルクにも負けない強い茶を作り出します。
ミルクを使って、美味しいミルクティーを作ってくださいね。

シャンティ紅茶のアッサムティーは下記ウェブサイトから

それでは、素敵なティータイムを♪




▲シャンティ紅茶では、香り高く、ストレートティーでもミルクティーでも美味しいロイヤルアッサムまたは、ミルクティーに最適なアッサムCTCのお取り扱いがございます。


▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/
▼シャンティ紅茶ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅茶deパーティーレシピ〜豚肉の紅茶煮〜

2017-01-01 | インド紅茶
こんにちは。インド直輸入紅茶シャンティ紅茶 広報担当Kanakoです。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか。kanakoの住む、ここインドは日中最高気温が30度前後になる街ですが暑さに負けず新年のお祭りさわぎでございます。一方、ホテルには未だにクリスマスツリー🎄もならんでいたり、、。


さて、今日は、Kanakoの今年のパーティーレシピ「お手軽簡単豚肉の紅茶煮」をご紹介したいと思います。


▲ホームパーティーで大好評でした

作り方は、いたって簡単。

準備するもの
豚肉のかたまり(お好きな量)
紅茶の茶葉20g前後(お好みで調整)
ひたひたに豚肉が隠れるくらいの水
市販で売っている緑茶ティーバッグ


(マリネードするためのソース)
醤油、酒、みりん、お酢、

付け合わせ野菜
お好きなもの何でも、、。私は、たいてい玉ねぎスライス

1、上記を準備してからまずは、鍋に豚肉を入れひたひたになるくらいの水を入れます。
2、ティーバッグを作ります。市販で売っている緑茶ティーバッグを2枚今回は使いまして、各々、約10gの紅茶を入れます。
茶種は、濃い煮出し色が欲しかったので「アッサムCTC」を使いました。


▲手作りティーバッグを作ります。

そして、豚肉と水の入った鍋にこのティーバッグを入れ、45〜1時間、じっくりコトコトと煮ます。調理時間は豚肉の量によって加減してください。


▲この時は約600gの豚肉かたまりを使用したので、中火で1時間くらいコトコト煮ました。たまに、裏返したりして紅茶の色合いが満遍なく色づくようにします。

その間の、つけダレを作っておきます。各調味料を混ぜ、小鍋で一煮立ちさせます。また付け合わせの野菜も準備します。
この日は、玉ねぎスライス、トマト、きゅうりでした。玉ねぎスライスはつけダレとマリネードします。

煮立ったら豚肉を取り出し、上記のつけダレと合わせ、コロコロと転がしながら味がしみわたるようにします。あとは、どのタイミングでサーブするかですね。冷蔵庫へ入れて一晩、食べる直線に薄切りにするもよし、つけダレと合わせて間もなくして食べても十分に美味しいです。個人的な感想は、紅茶成分が肉の旨み成分を「ぎゅっ」としめて、味わいも歯ごたえも冴えのある一品になります。

この時期のパーティーシーズン、活躍すること間違いなしです。
シャンティ紅茶のこちらの「アッサムCTC お徳用200g」を今回は使用しております。


▲マリネードした玉ねぎスライスと一緒に食べると、これまた美味しい!

▼アッサムCTC お徳用200gは、こちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/shanti-assam-ctc200g.html


それでは、皆様ハッピーな新年ホリデーをお過ごしくださいね。


▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/
▼シャンティ紅茶公式ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/shanti.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加