上海ローカル夜遊び裏ガイド

上海のローカル限定夜遊び裏ガイド

http://shanghai-guide.jimdo.com/

莘庄2017.5

2017-05-18 08:00:15 | ローカル風俗
少し前まではエロ床屋をはじめエロスポットの超密集地だった莘庄エリアの現在の状況を調査してまいりました。

クオリティの高いエロ床屋が密集していた莘沥路と莘谭路周辺ですが…

お店の形は残っていても営業していないようです。

ほぼ全滅ですね。。

人気だったエロオイマ店は…

やはり営業している気配がありません…。

こちらのオイマ店はすでに閉店したみたいですね。

莘庄エリアは全滅か…

辛うじて小さなお店が数店頑張っておりました。。

今月は風俗取り締まり中ではありますが、この惨状はそれとは関係ないようですね。

その昔(2〜3年前まで)はエロスポットが4〜50店は乱立していた莘庄地区ですが、今はクリーンシティへと変貌をしてしまったようでございます。。合掌…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

曹行

2017-05-15 09:40:46 | ローカル風俗
GWからはちょっと風俗取り締まりがございましたが、昨日くらいからやっと少し緩んできたようです。

さて、2017最新上海お遊び場所検証報告を続けさせていただきます、、、。

本日は7〜8軒の置屋が並んでいたミニ置屋小道の曹行です。

この日は営業しているのは2軒だけですね。。
まぁ、早い時間でしたので、全滅じゃないだけよかった、、かな。

↑近くのエロ床屋はドアなどガラス面にかなり目張りをして厳戒態勢で営業ですね。余計に目立つような、、、。

人気だったローカルサウナは夜逃げ…ですね。。

次回は久しぶりにシンザン界隈も調査してきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の横丁は…

2017-05-03 07:10:34 | ローカル風俗
先日最近の横丁はどんな様子か、、、まぁ、あまり期待はせずに確認に行ってみました。。


結果は、、、


えっ!割と復活しているじゃないですか、、、

最盛期に比べればかなり⤵︎ですが…この日は9軒も営業しておりました。
中にはおっ!と言う子も。。


天気も良いので恒例の立ちんぼさんも営業中ですね。ただ、人数は減ったな〜。

ここも、あと数ヶ月の命かとは思われますので、独特のカオスな雰囲気をお楽しみになりたい方はお急ぎください。。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

【ぼったくり】南京東路客引き【注意喚起】

2017-05-02 07:40:26 | ローカル風俗
GWの真っ只中、上海へお遊びにいらっしゃる方も多いと思いますが、以前から再三にわたりご警告をさせていただいている、客引きに付いて行ってしまった場合のぼったくり被害ですが、最近また被害が超続発しておりますので再度注意喚起をさせていただきます。
(画像はイメージです)

被害が集中していてこの手のぼったくりの中心地が南京東路の歩行者天国での声かけです。
私のところにも毎週のように被害の相談やSOSが届いておりますので、おそらく毎日何人もの日本人の方がこの被害に遭ってしまっているかと思われます。


これまでの被害例から手口が色々と判明してきておりますが、典型的なパターンをご紹介すると、、、

日本語の出来るおばちゃんや自称元日本への留学生...などが親しげに近づいてきて甘い言葉で誘いをかけてきます。
「200元でエッチ出来るよ!」
「みんな10代!女子大生!」
「見るだけ!見てから決めていいから!」....
などなど。

「ホントに200元〜?」
「お金持ってないからね〜!」
「見るだけね〜!見てから決めるからね〜!」....
などと軽い気持ちで誘いにのってしまうと...その後大変な悲劇が待っております!

多くのパターンはその後タクシーなどで移動になります。大した距離ではないのに、なるべく場所を特定されないようにとグルグル遠回りをしながら目的地に向かいます。

そして到着する犯行現場。この場所はその時々変わります。川を越えないで南京東路の裏路地の場合もあれば、川向こうの浦東側まで移動する場合もあります。マッサージ屋の形をしていたり、飲み屋なのか何なのかわからない店舗だったりと様々です。

到着するとマジで悪くない若い女の子がずらっと(女の子が裸の場合もあります)待機しています。
すべて罠ですね。。

「うぉ〜いいじゃん!」
などと、たいていの人は興奮高まってしまい、その後一戦を交えてしまうことになります。。

戦を終えて、、ハァ疲れた、、よかった〜、、、などと一息ついているところに、まさに青天の霹靂が訪れます。
部屋に多数の大柄で強面の輩が乗り込んで来て監禁されてしまうのが常套手段です。
10数名以上の反社会的組織の人間が待機している場合が多いです。
(もちろん暴れて逃げようとしたら大変危険です。命に関わります。)

その後は写真撮影をしてあるとか、ビデオを撮ってあるとか、、、やましいことをした証拠がある、などと弱みを握っていることをダシにしたりして脅迫、、、ぼったくりの請求が始まります。ご丁寧に日本語通訳も同席します。

顔写真やパスポートの写真を撮られたり、、個人情報などは根こそぎ取られます。

最近の被害額を平均すると1万元〜3万元と悪質さが際立ってきております。
持っている現金はすべて取られますし、クレジットカードを万元単位の利用で切られたり、、、
現金やクレジットカードを持ち合わせていないとホテルまで一緒に連行されたりもします。

せっかくの楽しいハズの上海旅行がこの時点で最悪の悪夢へと変わってしまいます。


では、被害を防ぐにはどうするか、、、

当たり前ですが、世の中夢のような話はあり得ません。相手から向かってくる甘い誘いほど危険な話はありません。ましてやここは外国です。

絶対に付いて行かない!全く耳を貸さない!これしかありません。

皆さん解ってはいても海外の開放感もあり、男の性に付け込んで言葉巧みに言い寄られ...奴らはプロですからね。。
もし、歌舞伎町で同じように声をかけられてもフツー付いて行きませんよね。。
上海でも同じです。

こっちは2人、3人一緒だから大丈夫、、、そんなことは全くありません。
奴らは10倍の人数で待ち構えています。2人、3人組は1人より儲かるカモにしかみられません。。


では、もし被害に遭ってしまったらどうするか、、、

正直、被害の全回復は難しいのが実情です。

被害が現金のみの場合には、性行為をしたことを警察に届け出る訳にはいきませんし、仮に届けを出しても警察が動いてくれる可能性も低いので、警察には被害届を出さずに、示談でいくらか返してもらうのが精一杯になります。
これで約50%程度は戻る場合が多いです。

奴らは管轄する警察内部にもグルがいて賄賂を渡して買収済みです。被害届けを出し、逆に性行為に対する売春罪など別の処分が下されてしまう可能性もあります。特にビザを持っている方などは取り消されてしまいますので、まさに死活問題になります。

もし性行為を申告しないで警察に被害届を出した場合には虚偽の申告になりますし、後からもっと面倒になってしまう可能性があります。

さらに奴らはキレると(仲間の)警察に対しあることないこと何でも言い出したりもします。
「こいつが無理やり性行為をした!」とか
「15歳以下とやった!(売春ではなく強姦罪になってしまいます)」...とか。

被害がクレジットカードの利用の場合には、警察に被害届を出し、クレジットカード会社に連絡を入れて請求を止められる可能性はあります。
但し、この場合は前述の通り警察には性行為を伏せた虚偽の被害届を出さないといけなくなります。

よって、性行為がバレたり、奴らがもしキレ出したら最も面倒になりますね。。
その後の滞在中はいてもたってもいられず落ち着かず...
帰国してからも、、奴らは日本にも仲間がいると言ってたし...
こんな状況になります。

警察へ被害届を出さない場合には、現金のみの被害の場合同様に示談でいくらか返してもらうことになります。やはり50%程度が精一杯になります。
クレジットカードのみの被害でも、奴らは現金でいくらかの返金に応じる場合が多いです。


ここで皆さんちょっと不思議に思われるかと思います。
こんな野蛮な犯罪集団が何で示談や返金に簡単に応じるのか...?

実はこの示談にはからくりがあって、被害者が示談交渉に戻ってくる、、、ここまでが奴らの想定内の流れになっています。

このぼったくりはパターン化された流れがあり、さらに奴らはグループ分けされた組織になっております。

①声かけグループ
②ぼったくり実作業グループ
③示談手助けグループ

①の声かけグループは多数独立して存在します。主に南京東路などでターゲットを探し、ぼったくりの現場まで言葉巧みに案内します。

②の実作業グループ本丸は各声かけグループが供用で利用しています。

③の示談手助けグループは、そのための人材が待機していたり、①のその他の声かけグループが担当する場合などもあります。
事件後に現場を探し当てて訪れたりすると、待ってましたと言わんばかりに日本語の出来る人間が寄ってきて、
「そこでぼったくりに遭ったんでしょ。」
「助けてあげるから200元通訳代だけお願いね...。」
などと、こちらから何も言う前から事情を良く知っていたりします。

そして一緒に中に入り実際に示談交渉を仲立ちして良い人を演じます。(実際にはついさっき被害に遭った現場に再度入るのも相当勇気が要りますが...)

「まぁ、このくらい戻ってきたから良しとしたら!」
「やることはやっちゃったんだし...」
などと、促され、、、

奴らは準備万端、誓約書などを用意してあり、これで示談成立。
以後、一切の異議を唱えない旨一筆を取られます。
示談成立ですからこの時点でもうすべて諦めるしかありません。

結果、最初の被害2万→示談後12000元+200元(8000元返してもらう...)

こんな感じで、奴らも後からの面倒を考慮して最初から目標ぼったくり額は12000元に設定してある訳です。
もし被害者が現場に戻って来なければ、シメシメ、、、2万Get、こんな感じです。

と、以上のような流れで進めらるシステム化されたぼったくり商売となっております。。


上海、ぼったくり、などで検索をすると沢山の事例が出てくるかと思いますし、この示談仲立ちを商売として行なっている会社などもございます。(戻った金額の20%が手数料らしいですが...)

どうぞ皆様もご注意ください!


しつこいですが、最後にもう一度、、、

声かけには絶対に付いて行ってはいけません!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

銭湯お遊びはやはり…

2017-05-01 07:27:22 | ローカル風俗
最近の上海お遊び場所検証報告をしばらく続けてまいりますが、今回は根強い銭湯ファンの皆さまへお届けいたします。

ご存知の方も多いかと思いますが、昨年来のトチ狂った風俗取り締まりは南高北低、以前からの風俗の密集地だった上海の下町闵行区が一番厳しく、実は上海の山の手側北地区が最近では熱くなっておりますが…

しかし、銭湯はやはりこちらの街が人気のようです。
こんな塔がそびえる街ですね。


同じ闵行でもさすがにここまで外れに来ると、取り締まりの影響もあまりないようですね。


ホント、この街には銭湯が多いんです!他にもまだまだ埋れているかと思われます。


だいぶ以前にご紹介したことのあるこちらもまだ健在ですね。

ただ、ちょっと遠いよな〜〜。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(すでに過去の記憶に…)古羊路

2017-04-30 08:12:20 | 日記
すでに皆さんご存知かと思いますが、特に日本人に永年愛されてきたオシャレな飲食ストリート古羊路が取り壊されるとのニュースが流れて数ヶ月…。

現在の状況を見てまいりました。

あらら、、、

あっと言う間にすっかり破壊されてしまっておりますね。。

日本料理をはじめ各国料理店、バーやラウンジ、カフェなどがずらっと並び、駐車もしやすく大変重宝な場所だったのですが…。

ローカルのバラック取り壊しとは意味が違いますので、正直私的には怒りさえ覚えます。。

いい加減にしてもらいたいものです💢
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高架道路の造り方

2017-04-29 08:50:43 | 日記
上海市内でもあちこちで新しい高架道路が建設中ですが、その造り方はと言うと…

30mくらいのブロックで造って工場から運んで来て、はめて行くんですね。。どうりで早いハズです。

深夜になるとこの道路ブロック片を運ぶ巨大トレーラーなども目撃可能です。


しかし、上海も都市化がこれだけ進んだあとから高架道路を造るのは大変なんだろうな〜〜などと心配したりいたしますが…

あ〜〜、こうやるんですね。。

ジャマなアパートは切り取ってしまえばいいんですね。。
さすが赤色の国のやる事は違います。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三角地帯の現在

2017-04-28 09:45:39 | ローカル風俗
知る人ぞ知る三角地帯はその後どうなっているのか…調査して参りました。
通りの西側からパチリ。

キレイになっちゃってますね。。

三角地帯の底辺の通りもこんな。。あ〜〜ぁ。

西側老沪闵路は全滅ですね。。尚、東側にはまだ多少ですが残っております。お急ぎください。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

SN様からの西安サウナ凸撃報告

2017-03-15 13:26:23 | ローカル風俗
SN様から西安のローカルサウナ凸撃報告が届きましたのでアップさせていただきます。


(画像はイメージです)


(以下、SN様からのご報告レポート)


【西安・風俗レポート】
今回、出張で初めて陝西省・西安へ行きました。

発展規模のデカさに驚きつつ、やはり広州や長沙同様に出発前に繋がった現地の
サウナ経理と連絡を取り、今回2箇所に凸撃をしました。

【1店目】
最初、サウナ経理が案内した店は、公安を警戒するオーナーの意向で、13時〜19時までの
営業時間となり、他の店を紹介してもらい行こうと考えたら、そこも検査が入るという
情報を得て、最終的にかなりお安めなお店を案内してもらいました。

この時のトラブルとしては、年末年始に昆明に行った際、携帯を失くしてしまい、
現地の方にSIMカードを再発行してもらい、昆明から西安まで送ってもらったものの、
宅急便会社がSIMカードの荷物を失くしてしまい、結果Wi-Fiのある場所でしか、
スマホが使えないために、百度地図のオフラインを使って、タクシー運転手に店までの
ルートを案内しました。

到着すると、それらしき店がなく、タクシー運転手がとても心配していましたが、
後はこちらで探すので大丈夫!と告げて、タクシーを降りたら、電光掲示板の明かりが
消えている看板がビル3Fがあったことが分かったので、そのまま凸撃。

かなりくたびれ加減のローカル感あるサウナに入って真っ先にサウナ経理(正確には
複数のサウナの集客をしている人)の紹介だと告げて、シャワーに入り、その後秘密の
部屋へ入る際に、警戒をしてスマホ持ち込み禁止のところ、翻訳のためという理由で
OKとなり、無事入ることができました。

60分:428元 80分:588元 双飞(女性2人):668元

という感じで、既に通訳士の案内で行ったマッサージで24歳の美少女に打飞(手コキ)を
されてしまったこともあり、純粋にゆっくりしたいということで、最初っから80分と決めて、
待っていると3人の小姐がやってきましたが、やや年齢が高めの微妙なところなので、
サウナ経理が送ってくれたアルバムから「彼女がいるか?」と全能技師(いわばスペシャリスト)
を指名したところ、「ちょっと待っててくれ」ということで、しばらく待ちました。

そしてやってきた全能技師は、30代くらいの北京小姐。

予想通りというかそれ以上に、驚くくらいの潮吹きとアメリカンポルノ並みなハードコアで、
店員がの薦められるままに三通(アナルSEX)プラス100元をしてみたら、本当にすごいことになりました…

どうせ20代があまり期待できないのであれば、全能技師クラスの方が面白いと思って、
選んだところ、大ヒットという感じで、彼女のハードコアさにもう一回はできないと
告げた後にしっかりとマッサージをしてくれて、ホスピタリティある職人さんという感じでした。

終わった後に秘密の部屋を出て、シャワーを浴びようとしたら、「日本人ですか?」と
日本語が聞こえて、驚いて後ろを振り向くと、中国人のお客さんが日本語で話しかけてくれて、
聞くと元日本留学生で、現在は西安で働いているとのこと。

そして彼と意気投合し、微信交換もして、帰りのタクシーを彼が拾ってくれたり、
ホテルに到着した後も私を心配して連絡をしてくれたりと、偶然とはいえ良い出会いがありました。



(画像はイメージです)

【2店目】
今度は、1店目とは別なサウナ経理に連絡をして、また百度地図のオフラインを使って、
タクシー運転手に店までのルートを案内して行ってみると、ホテルだったが、それらしき
階に行ってみると、真っ暗だったために、幸運なことにホテル内のWi-Fiが繋がったので、
経理に連絡をすると、真っ暗だった階ということが分かったので、再度エレベーターで
上がり、門番スタッフにサウナ経理の紹介だと告げて、まっくらだったエレベーターホールの
壁側から秘密の扉が開きました。

突撃すると、いかにもサウナらしい感じの内装。

ここもスマホ持ち込みNGで、今度は翻訳のためでもダメだったので、着替えている
最中にスタッフへ確認。

60分:550元 70分:698元 80分:888元
(他にも色々コースあり)

そして他のお客さんがいるホールに案内されて、待っていると2〜3人ばかりの小姐が
来て、どのタイミングで選べばよいのかなぁと思っていたら、スタッフの方から
声をかけてくれたので、スレンダー気味の小姐を選び、結果60分ということになりました。

かなり広めな部屋に入り、お互いシャワーを浴びた後に、コトが始まり、仕事は非常に丁寧。

ゆっくりペースになると思いきや、いざ入れるという時に小姐がポシェットからポータブル
ミニbluetoothスピーカーボールを取り出し、大音量で女性の喘ぎ声がリミックスされている
音楽をガンガンに流し、お互いそれに興奮して、疲れました…

そんなこんなで、終わって着替え終わった後に無事ホテルへ戻りました。

【西安について】
タバコポイ捨て禁止令などで町は非常に綺麗で、公安の移動式交番もよく見かけたりと、
都市の発展とともに厳しくなっていると思います。

ただし通訳士いわく、本番あり足浴マッサージや連れ込みOKなKTVも実際にある
という話で、それなりにあるのではという感じです。
(ただし南方とは勝手が違うので、十分に気をつけないとなりません)

あるブログでは、百度を使い西安の「红灯区」を探し出した方もいるようですが、
私が見る限りだと、パトカーや公安の数が多かった印象だったので、よりクローズドに
今後もなるだろうと思います。
(13〜19時営業のサウナが良い例です)

それでもホテル滞在中、仕事で遅くまで起きていた時に深夜1時ごろ、他の部屋への
ドアノックと女性の声がしたので、ホテルキーをかざさないとエレベーターが動かない
はずのホテルでも連れ込み包夜はできるものなんだなぁと思いました。
(1・2店目でも4時間包夜サービスもあり、ホテルまで来てなのかは分かりませんが)

また1店目で出会った元日本留学生やスタッフ、小姐の話では、風俗に来る外国人は
韓国人が多く、日本人ということで驚かれていました。

西安でも、日本人らしき人はあまり見かけず、尖閣諸島問題以降に日本人観光客が
減ってしまったようで、西安のバーに行った時、アルバイトをしている現地女子大生の話では、
「日本人といえばAVだ」と間違ったイメージがあるようです…
(反日ドラマでのイメージに比べれば遥かにマシですが)

通訳士の話では、そんな発言をした現地女子大生はかなり開放的なので、最後まで
デキる子だと言っていましたが、まずは今回の出張案件を成功させて、実績をつけてからの話で…

次回行く時には、1店目で知り合った元日本留学生と一緒によりローカル開拓をしたいと思います。


(ゴロー筆に戻ります)

SN様いつも貴重なご報告レポートをありがとうございます。
西安ローカルはコスパ高そうですね。。

但し、最近はどこでも散発的にいつ取り締まりがあるか読みにくくなっておりますのでご注意の上お遊びくださいませ。

今後ともレポートのご寄稿よろしくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S様からの2017蘇州エロ舞庁突撃報告その3~美美舞厅

2017-02-24 10:09:06 | ローカル風俗
S様からの蘇州エロ舞庁突撃報告第三弾、今回は美美舞厅です。


(以下、S様からのご報告レポート)



2017年1月
蘇州の舞庁体験レポート(3)美美舞庁

地下鉄石路駅から美美舞庁まで歩きます。
夜、凸凹の歩道を歩いて疲れました。タクシーがおすすめです。
阊胥路×干将路です。阊胥路に面しているのでわかりやすいです。

中に入ると混んでいます。オヤジが多くてたばこ臭い。猥雑な感じがします。慣れれば何てことないです。

ここ美美舞庁では、かわいい女の子は先手必勝です。
明るい音楽のうちに目をつけておいた女の子のそばに立って、音楽が変わったら直ぐに引っ張っていかなくては中国人にとられてしまいます。

電気が消えてからの年増の誘いがすごくて、怖いくらいでした。
暗くて顔がわからないので腰が引けます。

ミニスカートやショートパンツの若い子も多いですが年増、大年増が元気です。
ここは熟女好きの天国かも。

滞在中に一度は行ってみたくなります。おそい時間に入ったので3人と踊って22時になり閉店してしまいました。

S氏でした。


(以下、ゴロー筆に戻ります)

ありがとうございます。

突撃レポート第三弾は、これも有名な美美舞庁ですね。
熟女好き天国ですか。。

ご趣味の方はアリですね。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加