クラシックな音楽的生活

日々、家の中にヴァイオリンとピアノの音が流れています。

ゲネプロ見学

2017-03-06 | 上の娘ごと

上の娘、今日は、K先生がソロコンサートマスターを務める某プロオケのゲネプロを

見学して来ました。

先週のレッスンの時に、K先生から見学を勧められていたのですが、

昨夜まで体調があまり良くなく、試験前ということもあり半分諦めていました。

が、今朝起きてみると、喉痛も咳も減り、かなり回復した感じ。

楽しみにしていたことなので、迷うことなくあっさり出かけて行きました。

曲目は、マーラーの交響曲 第1番 「巨人」。

今まさに、娘がオーケストラスタディで勉強している曲です。

スコア譜を持って行きました。

指揮者は、小林研一郎(コバケン)さん。

楽屋で、K先生から「僕の弟子」ということで紹介していただいたそうです。

小柄で痩身、明るく、丁寧な言葉遣いでよくおしゃべりをされる方だったとか。

ゲネプロでも、ご自分よりずっと年下であろう団員に対して、

常に謙虚な態度と言葉遣いで接していらして、びっくりしたそうです。

コバケンさんの「マーラー」は、さすがの素晴らしさで、とても勉強になったようです。

ゲストのソリストは、前橋汀子さん

曲目は、

サンサーンス : 序奏とロンドカプリツィオーソ

サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン

マスネ : タイスの瞑想

凛として、とにかくかっこ良い演奏だった!と感激していました。

良い機会を与えてくださったK先生に感謝です。




「おだふじ」 シュークリーム。

  

夫の両親に頂きました。

ぽってり重めのカスタードクリームがたっぷり。

安定の美味しさです



ランキングに参加しています。
クリックしてくださると嬉しいです!
   










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと心配 | TOP | 試験前最後のレッスン »
最近の画像もっと見る