クラシックな音楽的生活

日々、家の中にヴァイオリンとピアノの音が流れています。

手痛い勘違い

2017-04-14 | 上の娘ごと

上の娘、勘違いをして、K先生のレッスンをすっぽかしてしまいました。

その日は、Y先生とK先生、お2人の先生のレッスンがダブルで入っていました。

前日、Y先生のレッスンは午後2時から、K先生のレッスンは午後8時40分からだと

言っていました。

私は、K先生のレッスンはご自宅なのかと聞きました。

娘は、大学だと答えました。

だとしたら、その時間は変じゃない? と私は言いました。

娘は、そんなことはないよと受け流していました。

私は、どうしても変だと思ったので、大学でその時間からのレッスンはないはずだよ、

ともう一度言い、そう思う理由も付け加えました。

それでも、娘は確信をもって、間違いないと言いました。

当日の朝、午前8時45分に、K先生から娘にメールが入りました。

「レッスン室は、○○○室だよ。」

娘は、レッスンは夜なのに、なんでこんな朝早くからレッスン場所を教えてくださるのだろう? 

と、不審に思ったそうです。

そして、その時になってようやく、あれ? もしかしてもしかして、夜の8時40分ではなく、

朝の8時40分からレッスン?! と思い至ったのでした。

途端に、やばい!やばい!これはやばすぎるのでは?! と騒ぎ出しました。

K先生には、お詫びのメールを入れ、勘違いを説明しました。

お忙しいK先生の振替のレッスンはないので、結局、欠席扱いとなってしまいました。

朝から、大失態を犯してしまい、落ち込み、その後猛省していました。

スケジュール帳にも、しっかり20時40分と書かれていたので、その時点ですでに

間違えていたということです。

娘のスケジュール帳は、常に黒く埋まっており、スケジュール管理は本当に大変だと

思うのですが、こうしたミスは何としてでも避けなければいけません。

前日の私との会話を受け流さなければ、気付いたと思うのです。

これまでの経験上、その時間から大学でのレッスンはほぼ100%ないのです。




地元のこだわりのカフェでテイクアウトしたタルト。

初めて買ってみましたが、期待を裏切らない美味しさ。

良い材料で、手間暇かけて丁寧に仕事をしているのがわかります。


ベリーのタルト。

  


バターの香り豊かなタルト生地は薄めでサクサク、ほろほろ。


  


とても美味しかったです。




ランキングに参加しています。
クリックしてくださると嬉しいです!
   









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現状維持 | TOP | 点数は気にしない »
最近の画像もっと見る