クラシックな音楽的生活

日々、家の中にヴァイオリンとピアノの音が流れています。

ユリア・フィッシャー ヴァイオリンリサイタル

2016-10-15 | 日記

ユリア・フィッシャーは、上の娘も私も大好きなヴァイオリニストなのですが、

今日、東京オペラシティコンサートホールで彼女のリサイタルが行われまして、

娘と二人ワクワクしながら鑑賞してまいりました。

有り難いことにまたまた招待券を頂きました。




曲目は、

ドヴォルザーク  ソナチネ ト長調

シューベルト  ソナチネ 第3番 ト短調

シューベルト  ソナチネ 第1番 ニ長調

ブラームス  ヴァイオリンソナタ 第3番 ニ短調


ソナチネが3曲、と若干地味な印象を与えるプログラムですが、

ヴァイオリンとピアノの完璧な世界にすっかり魅了されてしまいました。

なんだろう、音はあくまでも美しく、音程は常に正確で、音楽に癖がなく、

すべてが心地良く、心と体にすーっと入って来る感じ。

一点の曇りもないクリアで明快な音楽だな、と思いました。

ユリア・フィッシャーのヴァイオリンはもちろんですが、

ピアノのマルティン・ヘルムヒェンが、これまた素晴らしく、

初めて知るピアニストなのですが、即座にファンになってしまいました。

ユリア・フィッシャーはプロのピアニストでもあるので、

ソナタにしろ、伴奏にしろ、彼女と共演するピアニストは、

彼女の音楽をよく理解し、彼女から深い信頼を得ているということなのでしょうね。

まさに、阿吽の呼吸という感じでした。

信頼関係が成り立っている様子が伝わって来て、私の素人耳では、

これっぽっちの綻びもなく、完璧でした。

とにかく、常に耳に心地よいのです。

うっかりすると夢の中に引きずり込まれてしまいそうな。

実は実際、そういう方を視界の中に何人も見かけました。

決して退屈だからではないのです。


     




ランキングに参加しています。
クリックしてくださると嬉しいです!












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァイオリンを替えました ... | TOP | ヴィエニアフスキ国際コンク... »
最近の画像もっと見る