クラシックな音楽的生活

日々、家の中にヴァイオリンとピアノの音が流れています。

メラーノ音楽祭

2017-09-12 | 上の娘ごと

ルツェルン音楽祭に参加した翌朝には、イタリア・ボルザーノに向けてバスにて出発。

ボルザーノでは、こちらのホテル宿泊。





ラッキーなことに、また広い部屋に当たったそうです






夕方には、メラーノ音楽祭に参加するため、再び移動。

ゲネプロ後、夜8時半より本番。

曲目は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、マーラーの交響曲第1番。

ソリストは、ゲルハルト・オピッツ、指揮は、ジェームズ・ジャッド。

前日のマティアス・バーメルト指揮から1日と空けず、ジャッドの指揮にてマーラー。

もちろん、こちらの方がしっくり体に馴染んでいます。

ジャッドの指揮は、かなり揺らすのだそうです。

そのため、常にしっかり指揮を見ていないと、ずれてしまうことに。

3週間のリハーサルキャンプで徹底的に鍛えられてのツアーです。

ジャッドとオーケストラの信頼関係があるからこそ、できること。


会場がとても素敵です。
















天井画が美しい






      







昨日の記事に、少し写真を足しました。良かったら、ご覧くださいね。



ランキングに参加しています。
クリックしてくださると嬉しいです!
   





  





この記事をはてなブックマークに追加