海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。日本ではあまり知られてない上海情報や上海の写真を毎日更新予定。

久しぶりに新疆料理を阿里家で

2017-04-25 | 写真日記

新疆(ウイグル)料理の小洒落た店 阿里家

 

上海の復興西路は旧フランス租界なので、お屋敷や小洒落た店も多く歩くだけでも楽しいエリア。私が一時帰国する前に飯を食おうという事で、元アシスタント二人とその未来の旦那も含め4人で新疆料理を食った。上海によくある新疆料理の雰囲気とは違い、料理も店も洗練されているのが阿里家の特徴。新疆料理は羊の肉がメインでとても美味しい。これに合う酒はやっぱり新疆の黒ビール。

元アシスタントのモンゴル人は、今売りだし中の職業写真家で動画も撮っている。もう一人は、デザイナーだったが写真を学びたいという事で私のアシスタントになった女性なのだが、今では動画の監督として活躍している。彼女は、多分来年結婚予定。

 

小洒落た床屋

 

食後に、久しぶりに復興西路や永福路など旧フランス租界小路を歩いたのだが、相当センスの良いバーやレストランが増えた大人の街になっていた。租界時代の建物を改装している店がほとんどなのだが、どの店もセンスが良く料理の値段もさして高くない。東京にも同じような店はあるが、東京のそれを見ていると妙に背伸びしている感じがするのだが、この付近の店の雰囲気は上海の中のフランスだったという歴史の下地があるので馴染んでいてさりげなく周囲に溶け込んでいる。それは、建物が租界時代のままなのでビルが少ないのも理由の一つ。

X100F

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消逝的老街1996-2000 Panorama 57 大境路

2017-04-24 | 消逝的老街1996-2000 panorama

2000年撮影

 

 

2000年撮影

 

旧城内の中で市場が並ぶ通りはいくつかあるが、その中でも大境路が一番賑やかで活気があった場所でよく通った。私は海外へ行くと必ず市場に行く事にしている。それは、その国の食に対する文化がわかるのと、庶民の普通の姿があからさまにわかるからだ。今は、屋外での販売は事実上禁止されていて、屋根の下であれば良い事になっている。

この市場では手に入らない物は無いくらい様々な食品が売られていたが、蛙や蛇やザリガニなどもあり見ていて飽きない空間だった。中国は買物の時に値切るのが当たり前なので、時々罵声が飛び交う事もあるくらいだ。でも、それらの客のほとんどはオバハンだった。その値切るという商慣習はネット時代の今も同じで、タオバオなどのネットショップでもチャットでオマケを要求したり、同じ物を5個買うから安くしろなんて事は普通の日常なのだ。

TX-1 90mm

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

消逝的老街1996-2000 Panorama 56 四牌楼路付近

2017-04-23 | 消逝的老街1996-2000 panorama

2000年撮影  四牌楼路付近

フジのTX-1には3種類のレンズが用意されていた。その中の45mmはとても使いやすい画角で、通常の撮影ではほとんどこれ一本で事足りる。今日の画像はTX-1と90mmの組み合わせ。パノラマカメラのレンズはどうしてもワイド側に振れるのだが、この90mmの素直な遠近感はすらばしい(上海風日本語)。

2000年頃に上海でアルミ製の脚立を買い、タクシーのトランクに入る長さにカットしてもらい持ち歩いていた時の画像。当時は路の真ん中に脚立を立てても交通の妨げにはならなかったのは、車がまだ一般には普及してなかったから。

 ☆フジのTX-1 90mm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消逝的老街1996-2000 Panorama 55 場所不明

2017-04-22 | 消逝的老街1996-2000 panorama

1996年撮影

 

大陸の人達は自転車の使い方がとてもうまい。というより、時代が時代なので個人で簡単に買える移動手段は自転車しかなかった。よって、何とかそれを工夫して仕事にも使うのが大陸流儀。生活が豊かになると人は頭を使わなくなり工夫しなくなる。つまり、応用が効かなくなるという事だな。

前世紀の上海では自転車の様々な応用工夫を見てきたが、それも今では遠い記憶になり物売りの声も聞かなくなった。思えば街を普通に歩いていて上海が一番面白かったのは前世紀末だったのかも知れない。

☆Noblex135U

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消逝的老街1996-2000 Panorama 54 場所不明

2017-04-21 | 消逝的老街1996-2000 panorama

1999年撮影

 

前世紀の旧城内には路上市場がいたる所にあり活気があった。他人の家の前でも平気市場を開くのだが、ちゃんとその家の住人にショバ代を払っている。このオッチャンの路上市場は、ミシン一つで縫製をやっている家の前が商売の空間。

路上市場とは関係ないが、中国人のすごいところは、どんな小さな事でも良いと思ったら即行動に移す事。最初にミシン一つで始めた商売が、その後に成功して大陸では有名なアパレル企業になった社長を取材した事があるが、薄利でも地道にやっていればチャンスは訪れると私は思っている。問題はその目の前のチャンスを掴むセンスがあるかどうかが一番大事。

今の日本人に多いのが石橋を叩いても渡らず、しかもみんな同じ所ばかり叩くので、石橋が壊れて渡れなくなるというパターン。そして、行動に移さず頭の中だけで考えて、結局時が流れて出遅れるパターン。また、薄利だからやらないと言う奴がいるが、そんなに儲かる商品なんて今の世の中に無いし、それを繰り返すと誰も相手にしなくなる。つまり、こんな人にはチャンスが巡って来なくなるのだ。

☆TX-1 45mm

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加