海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。日本ではあまり知られてない上海情報や上海の写真を毎日更新予定。

別にアラ探しをしている訳ではないが

2017-07-27 | 写真日記

建築現場の塀

 

やっぱりあった

 

一発でバレる偽ブランド

 

 

かわいい日本語

 

私が大陸で街歩きをしている時に、別にアラ探しながら歩いている訳ではない。でも、あまりにも幼稚なミスや一生懸命頑張ったのだが、バレバレの結果が目立ってしまうのだ。トップの塀の写真は、画像を反転したのだが、文字までは気が行かなかった結果。そして、下のスイカはタオバオ広場で売られていたのだが、菊月姫というブランドのスイカは存在しないし、いかにもな中華風日本語だらけ。

タオバオ広場で売っている食品には偽物は無いと言われているが、まぁここは中国ですから。マトモな客だったら値段を見て輸入物では無いと判断出来るし、騙されて買った人も文句は言わない。それは、あまりにもよくある事だからね。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連日の40℃の上海 | トップ | 消逝的老街1996-2000 Panoram... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信じていない。 (りっちゃん)
2017-07-27 11:25:54
どんなブランドでも中国人は信じていないようです。
面子はあってもプライド無いのでしょうか。
メンツ (かいはら)
2017-07-27 15:08:56
りっちゃん
何だか大陸の人の面子は、いまだによくわかりません。
嘘がバレた時の言訳が面白いので、私は楽しんでます。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL