ナツメロ行進曲

ナツメロ大好き
同じ趣味の人がいればいいな。
いる筈。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-04-05 17:08:03 | 日記

   ながいご無沙汰になってしまった。 お題の(ナツメロ行進曲)そのものを地でゆくような状態になってしまった。

  ぼけた訳ではありません。年のせいでの筆不精に不健康が重なった結果です。 さて前回の終わりに、次は大好きな

  北廉太郎について書くことを決めていました。 (キタレン)、彼の名は詩人の滝廉太郎の姓をさかさまにしたと

  いわれています。 とびっきりの美声の持ち主で、いまの歌謡界ではこんな美声の歌手はいないのでは無いかと

  思います。 25歳の若さで夭折したというのも惜しまれます。SP盤での再生はYOUTUBEで、数曲アップされて

  いますが CDは、一枚のみ今も発売されているので、お耳にかかれると思います。彼の活躍期は上原敏や東海林太郎

  の全盛期と重なって損をしている感じです。 実際、東海林太郎は二人いらないと会社に言われたとなにかで読んだ

  事があります。 それほど美声、正統派という事でしょう。戦時中の事です、彼の唄も軍国調のものもありますが

  その頃には珍しいような抒情歌がおおいのです。 潮来夜船・伊豆の故郷・夢の揺り籠・出船の唄 etc, CDで

  聞くことが出来ます。 私的には、進軍の一夜という曲が大好きです。jijiiです。おそらく聴けばハマルでしょう。

  残念ながらこの曲はCDには入っていません。私は針音を楽しみながら聴いています。

   前置き長くて、本題短しのBGになってしまいましたが懲りずに書きます。 ナツメロ行進曲を。

  


   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナツメロ行進曲 | トップ | ナツメロ行進曲 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。