老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

夕食会でした。

2017-05-19 | グルメ

東京からのお客さんと、奈良最後の日の夕食会でした。

以前から利用させていただいている「旬菜 ひより」さんで行いました。

 

このお店は、大和野菜をふんだんに使ったお料理をだしていただけます。

まずは、和の什器に入った野菜のスープでした。

次は、前菜です。

左から、「絹さやエンドウ」、「大和まな」そして「スナップエンドウ」です。

造りサラダは、茄子のたたき風です。

炊き合わせは、「筍のしんじょ」でした。

そして、温野菜です。

「そら豆」、「半白キュウリ」、「大和の丸茄子」、「新玉ねぎ」、「プチトマト」に「キャベツ」です。

それぞれが甘くて、各野菜の素材の美味しさが楽しめました。

次は、「新玉ねぎとエンドウのかき揚げ」と「ヤマトイモ」の天ぷらです。

(写真を撮る間もなく、食べてしまいました。)

メインの「大和牛のステーキ」です。

私達の年齢にはこれくらいの脂がちょうどよく美味しかったです。

そして、「古米のご飯にお味噌汁、香の物」でした。

最後は、デザートの「わらび餅」とコーヒーでお開きです。

大変喜んでいただきました。

次は、私たちが東京へお邪魔した時にどうかよろしくお願いいたします<(_ _)>。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京からのお客さん、ご案内... | トップ | 東京への招待状。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む