老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

大和三山を歩く。

2017-05-05 | 日記

明日は、雨が降るとの予報です。

連休最後の晴れの日かもしれませんので、大和三山を巡ることにしました。

まず最初は、橿原神宮から畝傍山へ登りました。

奈良盆地に盛り上がっているので、火山の跡だなと分かります。

山頂には、畝火山口座神社の跡があります。

山頂からは、耳成山と香久山が綺麗に見えます。

この角度では、耳が無いように見えませんね。

香久山は、独立峰(?)では無いのでわかりにくいです。

では、この香久山を目指します。

平らな山ですが、まっすぐに登るので結構きついです。

山頂には、雨乞いの神社があります。

先程の畝傍山は、ここから綺麗に見えたものです。

三つ目の山は耳成山ですが、その前に藤原京跡へ行きます。

三山の頂上を線で結んで、その中心を求めるとこの藤原京になります。

ここがパワーポイントとされています。

この辺りですかね。

ここから見る三山です。

畝傍山。

香久山。

耳成山。

この中心になるのは、このあたり。

以前、同期生の写真をここに置いて皆さんの健康を祈念したのですが、皆さんお元気な様子です。

今日は、孫が健やかに育つことを念じました。

では、耳成山を目指します。

漢字では、「耳山」ですが、「耳山」とも言われています。

ここからだと、右耳がありません。

この山は、住宅地が近いので、一日中住民が散歩で登られています。

山頂には、特に何もありませんし、眺望も良くありません。

これで、大和三山の登頂をやり遂げました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深い緑と白い花 | トップ | 一休みの五月晴れ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む