老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

ゴースト マッシュルーム?

2017-05-03 | 日記

さわやかな風に誘われて、久し振りに奈良公園周辺を歩きました。

外国の方に加えて日本の方もたくさん来てくれました。

若草山山麓から春日山遊歩道を登りました。

入口付近には、「浦島草」が咲いていました。

名前の通り、まるでフライフィッシングをしているようですね。

ここから、春ゼミの声とウグイスの声に励まされて登ります。

ありました。

落ち葉の地味な色の中に、透明ががかった白いものが所々に見えます。

銀竜草(幽霊茸)です。

こんなにたくさん集中して咲いている(この表現でもいいですよね。)場所もあります。

遊歩道を歩いている皆さん気づいてください。

そこ行くカップルの方、楽しい会話をされているのでしょうが、地面でひっそりと輝いている私達も見てくださいと言っているようです。

月日磐から出会いの三差路まで、遊歩道の山側にあります。

登りはゆっくりと銀竜草を探しながら、降りは若葉を愛でてください。

さて、頂上にはいろいろな方がいました。

外国の方はもちろんいますが、日本の方の中には目的が違う人達がたくさんいました。

蕨を採る人、鹿よりも多いんじゃないかなと思うくらいいました。

ここは、近辺では超有名な蕨採りの場所です。

大きなビニール袋を両手にぶら下げている人もいました。

若草山での蕨採りは黙認されていますが、春日山は草木の採取禁止場所です。

遊歩道脇のゼンマイ(こごみかな)を採っている人を見かけましたが止めてください。

若草山山麓では、鹿せんべい飛ばし大会をやっていました。

受付で300円を払って、通常のより大きいサイズの鹿せんべいを投げて距離を競います。

 

イベントマスコットの鹿君も子供達を中心に盛り上げていました。

まだ、初日なのにお疲れかな?。

最後まで頑張ってください。

顔もだけど、シッポがかわいいです。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の海、ひねもす・・・・あ... | トップ | 深い緑と白い花 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事