老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

忙しくなってきました。

2017-05-14 | 

私のアユ釣りの解禁まで、あと二週間足らずと差し迫ってきました。

明後日、日置川上流の下見にいくことも決まりました。

そろそろ仕掛けの準備もしなければいけません。

去年の仕掛けを取り出して、並べてみました。

初期の小型用の仕掛けだけですが、こんなにたくさん残っています。

針も同様です。

鼻カン回りの仕掛けもです。

とりあえず、追いの良い時にこれらを使ってしまわないと、オトリ交換が難しくなってきた時期にこれを使うのは不安です。

その時に新しい仕掛けを作ると、ますます信頼性の薄くなった仕掛けが残っていきます。

使用していない水中糸や針なども古いものがたくさん残っています。

ほんの一部です。

毎年、テスターの方のお勧めにのせられて新製品を買ってしまい、古いのが残ってしまいます。

新製品を使っても、二倍も三倍も釣果は伸びません。

もっと本質的なところを新しくしないといけないようです。

ということで、この初期の釣り用には若干の仕掛けを追加しておきます。

鼻カン回りの作成です。

今年の前の川は、久し振りに育ちが良いようなので、針もやや大きいのが不足していました。

よ~し、明日のアオリイカ釣りが終われば、車の中の釣り道具を鮎用の物に入れ替えるぞ。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あたり続きの蕎麦屋さん。 | トップ | アオリイカ② »
最近の画像もっと見る

あわせて読む