老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

ソウルフード。

2017-07-17 | グルメ

東京では、なぜか入る店に困ります。

大阪では、もっと入る店に困ります。

あれも食べたい、これも食べたい。

今日の口は、何口?。

何処に入っても間違いなく美味しいです。

ということで、こんなに長い商店街を歩くと、どこに入って食事をするか迷ってしまいます。

最近はまっているのは、「SABAR」です。

鯖寿司、サバの唐揚げ、サバの開きなど鯖料理だけのお店です。

トロ鯖を使っているので脂がのっていて美味しいです。

こんな小さな路地ににも美味しい店があります。

今日は、お好み焼きの豚ネギにビールです。

ソースの焦げる匂いは食欲をそそりますが、ネギ焼きには醤油があいます。

一人焼肉を笑う人がいますが、一人お好み焼きを笑う人はいません。

飲み足りない時は、続いてここです。

真っ昼間から満席です。

終電近くまで飲んでいても、駅は隣です。

もちろんたこ焼きで一杯もありです。

ここのコロッケやミンチカツは歩き食いもありですが、土産に買って帰って家族との夕食で一杯のお供にします。

最近は外人さんが多く並ばれます。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天神橋筋商店街を歩きました。 | トップ | 酷暑のなかにも涼をお届け。 »
最近の画像もっと見る

グルメ」カテゴリの最新記事