社会空間研究所 建築・まちづくり通信

社会空間研究所の所員が建築・まちづくりに関する情報等を気ままに綴ったブログです。
2007年6月からスタートしました。

水戸市の中心市街地は青空駐車場だらけだった

2016-11-02 15:44:06 | まち歩き

10/29・30と「第1回水戸黄門漫遊マラソン」に参加するため水戸に行ってきた。

29日大会前日、レンタサイクルを駅前で借りて、友人と市内を観光したが

中心市街地の51号線沿道はまだシャッター通りではなかったものの

その裏側は青空駐車場だらけだった。

本当にすごい!!里山が孟宗竹に侵食されたのと同じ感じ。

40年前は間違いなく建物が立っていた場所である。

ここまで駐車場が多いと、苦笑いするしかない。

平面駐車場が増える一方、市街地に不釣り合いな大規模高層マンションが立ち上がっている。

以下の写真は、水戸芸術館のタワーから撮った写真である。

駐車場を撮ったのではなく、芸術館を上から見た写真を撮ったものであるが

それでも、これだけ駐車場が映っている。

ちょっと、地方都市の再生について勉強してみよう。

ちなみに、マラソンは何とか完走できました。

練習不足のため5時間10分もかかってしまいましたが・・・・。

次回のフルマラソンは、もう少し楽しんで走れるよう、練習しないといけないなー、と反省。

▽偕楽園「好文亭」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野市はボランティアが盛ん... | トップ | 霜降りの馬刺し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL