夏の星時計

今年も真夏がやってきましたね。

「私たち家族は”成績の良し悪し”だけで、子供を評価しない」ということを、本日の家族会議で決まりました。

2017-07-06 22:16:46 | 日記
本日、お義兄さんと先ほどまで話しあっていたのですが、

「甥子が中学生以降になったときどうするか」

ということを、ノンアルコールビールを飲みながら話し合っておりました。

私たちが子供の頃は、

「成績が良かったら、おもちゃやゲームを買ってあげる」というのが
一般家庭の定番のような感じでした。

ですがその場合
「成績が悪いと、親から叱られる」だけでなく「何も買ってもらえない」「お小遣いが下げられる」と、

子供に「恐怖心」を与えてしまいかねません。

お義兄さんにそう進言したところ、
お義兄さんは「父親の自分としても同じ考え、成績で子供を評価する育て方はしたくない」ということで
「それが宜しいでしょう」ということで、一致しました。

また母親である姉も
「成績が下がったらお小遣い下がるとか、自分もされたら嫌だから、そういう育て方はしたくない」ということで
一致しました。

なので、我が家では、甥子、そして、赤ちゃんである「姪」に関しても、中学生以降になっても、
「学校のテストの点や成績だけで、お小遣いを上げたり下げたり、おもちゃを買ってあげる、あげない」ということはしない。
ということで、一致しました。

お義兄さんが仰るには
「息子が望むなら、塾なり行かせたいところだが、望まないなら自由に育てたい」とのことです。

私も「それが良いでしょう」ということで、一致しました。

中学校以降は「テスト」や「受験勉強」などで大変な時期になりますので、
ただでさえ「ストレス」が掛かってくる時期です。

なので、せめて「遊び」だけは、自由に遊ばせたいとのこと。

ただ、お義兄さんの本当の気持ちとしては、
「成績は出来れば中くらいを維持してほしい、極端に下がるようであれば、塾などを検討したい」とのことですが・・。

なおこの話しは、甥子にはしておりません。
まだまだ先の話しでございます。
また以前も書いたように「小学校時代はどんな理由であれ、塾には入れない」ということで我が家は、一致してます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« もうすぐ甥子の小学校で、プ... | トップ | 本格的に暑くなって参りまし... »