文吉のバイクってます。

文吉は「生涯旅人」をモットーにツーリングしまくっちゃいます。
愛車は【Honda PCX150】

170519野沢、尻焼温泉キャンプツーリング<その3>

2017-06-01 | ツーリング
Turing 341/457




貴重な三連休も最後の一日となりました。あとは帰るだけですが、名残惜しいのでゆっくり帰ります。


2017年05月19日(金) 晴れ

03:30
起床しました。
なぜ、こんなに早く起きるのかというと、まだ誰もいない早朝の温泉に入りたかったのです。
川原の湯までの道を歩いていると、後ろから華やいだ男女の声が聞こえてきました。
振り向くと、若いカップルが文吉にニコニコしながら会釈をしてくれます。

文吉は河原の湯に着くとまだ薄暗いので、迷わずスッポンポンになって、とりあえず入ります。
カップルは掘立小屋の湯でキャーキャーはしゃいでいます。

だんだん、周りの景色が見えるようになってきました。
湯気が立ち上り、お湯の中は温かいけど、首から上は時折冷たい風がほほをなでていきます。
少し、ウトウトしていました。
気が付いたら、カップルはいなくなっていたので、文吉は掘立小屋の湯に入りなおします。
川原の湯と違って、座る場所により温度が違うということはありません。
けっこう熱いお湯につかると身体全体が完全に暖まります。

04:30
テントに戻って来て、朝食の用意をします。
今日のメインディッシュはカップ麺です。

でも、これだけでは足りないので、おでんも作ってみました。

【01】


もしかして、文吉は料理の達人かもしれません。
こんなに美味しいのは素材の良さだけではなく、キャンプの空気という隠し味が入っているからなんですね。
人間、腹空かして自然の中で食べれば何でもおいしいものですよ。

06:00
またお風呂に行くことにします。
川原の湯にはしらないオジサンが一人目をつぶって夢想するように入っていました。
実に気持ちよさそうです。

文吉が挨拶すると、人懐こいオジサンは話しかけてきました。
地元で農業をしている人で、田植えが済んだのでホッと一息入れることができたそうです。


田植え済み
    温泉(おゆ)が褒美と
             地の人が


文吉は少し話をしてから、一人で掘立小屋にいきました。

【02】


しばらく、湯船に入ったり縁に腰掛けたりしていたら、オジサンが挨拶して出て行ったので、河原の湯に入ります。

【03】


この広い川原の湯を独り占めしてゆっくり浸かれるなんて、本当に極楽ですね。
この時間でも警備の仲間はビシッと門の前に立哨しているのかと思うと、ザマアミロってなもんですね。

07:00
テントの中で本日二杯目のコーヒーを淹れて、少しくつろいだらテントの片付けを開始します。

【04】


【05】


08:25(1876)
尻焼温泉を出発します。
カーナビをセットしたら、暮坂峠越えのルートを表示しています。
久しぶりに行ってみるかな。

昨日買い出しに来た道の駅「六合(くに)」を過ぎると二股になっていて、左折します。
ここからは県道55号をずんずん登ります。

08:47(1891)
暮坂峠到着。

この峠道は若山牧水が愛して良く登った道だそうです。
それを記念して「牧水詩碑」が建っているのですが、驚きました。
牧水が何者かによって、足首からちょん切られて持ち去られていたのです。
いったい何のために、誰が・・・

【06】盗難前の状態(看板)


【07】現在の状態



純粋な文吉の心は少し悲しくなりました。


峠道
  青葉の陰に
      姿無し


気を取り直して、峠を下ります。

やがて四万温泉からのびてきた国道353(四万街道)と合流します。
あとは渋川で国道17号に乗っかったらほぼ一本道で帰れます。

09:56(1940)
道の駅「よしおか温泉」到着。
最近、できたばかりの道の駅のようです。
特になにもないので、トイレだけすまして出発します。

10:53(1974)
道の駅「おおた」到着。
少し、休憩します。
お日様が情け容赦なく頭上から照り付けていますから、汗が噴き出てきました。
冷たい水を2杯がぶ飲みして出発します。

13:36(2050)
自宅近くに到着。
お腹が空いたので、お昼は「天ぷらうどん」です。

【08】


13:59(2051)
いつものスタンド到着。給油します。
5.69L @120 682円
走行距離 284km 燃費 53.6km/L
良いですねえ。

14:07(2052)
無事に自宅到着。


バイバイ

******************************************************

【文吉からのお願い】
バイク好きの人たちのブログランキングです。決して怪しいところではありません。
ここをクリックしてランキングを上げればより多くの方に見ていただく機会が増えると思います。

人気blogランキングへ

文吉はいつも勝手に行きたいところへ行っております。
本当に自由にのびのびとやらせてもらっています。
でも、その陰には妻の献身的な努力と協力があるのです。
決してこの気持ちを忘れているわけではありませんよ。

******************************************************







『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170518野沢、尻焼温泉キャン... | トップ | 170617ブラッと奥多摩ツーリング »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロングツーリングお疲れさまでした。 (りー)
2017-06-02 12:47:42
文吉さん、ロングツーリングお疲れさまでした。
それにしても文吉さんはタフですね。
こんなに走って、お風呂もたくさん入って、食べるものはかなり粗食に耐えて(失礼)、寝る所も決して快適ではないと思いますが。
内の主人なんか、このどれにでも文句しか言いませんよ。
走ったら疲れる。
お風呂は面倒だから一回で良い。
食べ物はもっとおいしいものをつくれ。
寝る所はフカフカの布団じゃなきゃダメだ。

もし、地震か何かで避難生活を強いられるようなことになったら、真っ先に死ぬタイプです。
今のうちにたくさんの保険を掛けておいた方が良いでしょうか。

ボンビーツーリング (文吉)
2017-06-02 13:01:26
りーさん
コメントありがとうございます。
今回は本当にボンビーなツーリングでした。
でも、お金を使えば良いというものでもなくて、文吉はこういう粗食に耐えて、不便な走りというのは好きなんです。
決してお金が無いわけではないんですよ。
お金なんて、ちょっと覆面して包丁持っていけばいくらでも手に入るものなんですから。←嘘です。

ご主人と文吉を比較するのはいかがなものでしょうか?
きっと「隣の芝生は青く見える」的な現象だと思いますよ。

Unknown (Professional)
2017-06-02 16:32:01
文吉さん、ロングツーリングお疲れ様でした。今回は豪華な⁉3部構成ですね。それにしてもかなり走りこみましたね。それ以上に驚きなのは、あれだけの荷物(05)をよく、PCX に積載出来ますね⁉
積載能力はかなりのものです (文吉)
2017-06-02 19:04:04
プロさん
コメントありがとうございます。
PCX150はかなり積載能力をもっています。
後ろのトランクはShadow750jr譲りで47Lもありますし、シートの下にはヘルメットがスッポリ入るくらいのスペースがあります。
また、ハンドルの下のところにも隠しポケットがあって、500ccのペットボトルを入れることができます。
これらのスペースをフルに使った上に、後部座席にはボストンバッグを括り付けていますから、2~3泊のツーリングなら大丈夫です。

気持ち良さそう。 (もっちゃん)
2017-06-08 11:23:17
ビンボー温泉キャンプツーリングお疲れ様。

尻焼きはやっぱりいいよなぁ。
気持ち良さそう。
些細なことだけど、湯につかっている写真をみると石の位置がなんか違う感じだけど。

ところで今回、お豆腐屋さんには寄らなかったんだ?

好きな温泉につかって、ゆったりと読書に耽っていいストレス解消ができて良かったな。


究極の手抜き (文吉)
2017-06-08 18:51:00
ポン吉
コメントありがとうございます。
今回は三連休のため、3回に分けてブログを書きました。
かなりの長文のため、読み終えるころにはたぶん前半部分が忘れてしまったんですね。
と、善意に解釈しておりますが、実態は面倒なので三回目だけを読んだのね。
しかも、文字は抜かして写真だけ見てのコメントなのね。
まあ、いいけどね。
豆腐屋には行こうかなと思うこともあったけど、今回のコンセプトが「ボンビー」(ビンボーじゃない)なので、1丁450円もする豆腐は流石にやめました。

読書はコンセプトにふさわしく「ホームレス」にまつわる本を選びました。



PCX快適そうですね (ファイブ・イレブンいい気分)
2017-06-15 18:47:35
文吉さんお久しぶりです
PCXはなかなか快適で良さそうですね。
最近はどこにいても、必ず1日に一回は見つけますね。ツーリング中にも必ず見つけます。
それにくらべてわたしのシャドウクラシックはみつけたことがありません。
たまにシャドウをみつけても型がちがったり、750だったりします。
人気無いのかなあ。
確かによく見かけます。 (文吉)
2017-06-17 04:55:14
ファイブ・イレブンいい気分さん
コメントありがとうございます。
そうですね。最近はスクーターが流行りみたいですね。
しかも、100ccクラスが主流のようです。
どこへ行っても見かけますね。
何といっても、このクラスは街中では無敵です。
原付と見分けがつかないくらいのボディで車のすり抜けは得意だし、ちょっとアクセル開くと軽く80km/hは出ますからね。
このボディで高速道路も走れるPCX150が流行らないわけはないですね。
文吉も実際に乗ってみて実感しています。

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事