文吉のバイクってます。

文吉は「生涯旅人」をモットーにツーリングしまくっちゃいます。
愛車は【Honda PCX150】

170806【番外編】みなかみ自然の森野営場 with ポン吉<その2>

2017-08-13 | ツーリング
キャンプの二日目です。
天気は最高だし、小鳥のさえずりで目が覚めるのは野外活動の楽しさですね。

2017年08月06日(日)晴れ

04:00
文吉はテントの中で目覚めました。
でも、まだ薄暗くてライトをつけないとテントの中さえ見えません。

文吉の頭はまだ少しぼんやりしています。
仰向けに寝たまま、じっと耳で周りの様子をうかがってみます。
テントの左側はポン吉のテントで、しっかりとイビキが聞こえています。
周りは森林で小鳥がさえずっています。これは野外活動の醍醐味ですね。実に清々しい。
でも、右側で何か変な音がしています。

人間のイビキです。間違いないと思います。
でも、右側はたしかテントのすぐ横が1mほど盛り上がっていて、その向こう側には夫婦者のキャンパーがいたはずです。
しかも、ここからは15mは離れていたはずです。

そっと、右側のジッパーを開けてメッシュの入り口から覗いてみましたが何も見えません。
ただの闇です
しかも、文吉のジッパーの音で気づいたのか、ピタッと音が消えました。
しかたがないので、明るくなるまでもうしばらく横になります。

04:30
周りが明るくなってきました。
今はポン吉のイビキと小鳥のさえずりしか聞こえません。

文吉がテントから出てみると、やはり文吉の記憶通りの景色しかありません。
では、あのイビキのような音は何だったんだろう。まあ、いいか。

05:00
文吉がテントの外で朝食の準備をしていると、ポン吉も起きてきました。
それではいただきます。



食事がすんだら、少しその辺を散歩してみます。
文吉はアウトドアの中ではこの早朝の散歩が一番好きです。
でも、まずはトイレから。

【01】


出すものだしたら、身体も軽くなりますね。
では、出発。

【02】


【03】


【04】


軽く30分ほどの散歩が終わったら、ポン吉と少し語らいます。
これからどうするか?

とりあえず、テントなどを片づけようということになりました。

【05】


テントを干すためにひっくり返したらトンボが止りました。

【06】


そのころ、となりの夫婦者が起きてきました。
どうやら謎のイビキの主はあのご主人のようですね。体型を見たらわかります。
でも、15mも離れていても聞こえるなんて恐るべし。

08:40
みなかみ自然の森野営場を出発します。
帰り道は文吉が昨日電話のために下って行った道です。

昨日は薄暗かったのと気持ちが急いていたので、あまり景色を見る余裕がなかったけど、なかなかいいものです。
小川の清流を左手に見ながら走っていると、小さな滝などがあったりします。

【07】


【08】


やがてダムに到着しました。150mもあるダムは壮観です。パチリしておきましょう。

【09】


【10】


さらに下っていくと、橋の欄干になにやらたたずんでいる者がいます。
近づいていくと猿です。車を猿とギリギリのところまで近づけて助手席のポン吉に撮影するように言いました。
文吉も車を降りてカメラを構えましたが、逃げられしまいました。

【11】【ポン吉撮影】


今回はポン吉のお手柄です。実によくとらえています。腕を上げたなあ。
少しピントに難はありますが、表情までちゃんとわかります。

プロのカメラマンが、いつもスクープ写真が撮れるのかというとそうはいきません。
事件や事故現場に居合わせる確率はプロも素人も関係なく同じです。
ただ、その時にすぐに写真を撮る行動ができるかが大事なんです。
これって、意外と難しいんですよ。
今回はポン吉のスクープです。お手柄でした。
パチパチ。

さらに下って行くと沼田にでます。この辺りは良い温泉がいっぱいあります。
でも、まだ時間が早いので開いていません。

トラックの運転手たちに大人気の「永井食堂」がありました。
お昼にはちょっと早いけど、寄って行くことにします。

でも、「本日休業」とのこと。
仕方がないので、帰ろうとしたらポン吉が自販機を見つけて「お土産を買う」と言い出しました。
お金を入れてボタンを押したら、お金が戻ってきます。壊れているのかな?
そうではなくて、本日の分はすでに売り切れていたんです。

【12】


でも、となりの売店で購入できましたけどね。3人前のホルモンが入って、1070円。
やがて、国道17号に合流します。

こうなるとあとは淡々と帰路につくしかないですね。

13:05
文吉の自宅の近くまで到着しました。
それでは、いつものスタンドで最後の給油をします。
16.99L @119 2022円
安いですねえ。

ついでに洗車機で車をきれいに洗って返すことにしました。

その時に、この車のミラーを折りたたむスイッチがみつかりません。
おかしいなあと思っていたら、店員が二人やって来ていろいろ見てくれるのですが、やっぱりありません。
一人の店員が強引に力まかせでミラーを押し込みました。
「ゴリッ」という激しい音で、ミラーが折りたたまれました。

文吉とポン吉の顔色が真っ青になったのは間違いありません。
なにせ、人から借りた車ですから、壊したとあってはたまりませんものね。

「ずいぶん、さび付いて固くなっていましたね。でも、もう大丈夫です」
店員がさわやかに言ったので、本当かなと右側のミラーを文吉が力任せに引っぱると「ゴリッ」の後は楽になりました。

洗車がすんで、綺麗になると文吉の自宅に帰り、ポン吉とはおさらばしました。
あとはポン吉がちゃんと知人さんの駐車場に車を返したら、この旅は終了です。

でも、ペーパードライバーのポン吉が本当に無事に帰れるかなと心配が募ります。

30分後にポン吉からLineが入って、終了しました。

バイバイ




******************************************************

【文吉からのお願い】
バイク好きの人たちのブログランキングです。決して怪しいところではありません。
ここをクリックしてランキングを上げればより多くの方に見ていただく機会が増えると思います。

人気blogランキングへ

文吉はいつも勝手に行きたいところへ行っております。
本当に自由にのびのびとやらせてもらっています。
でも、その陰には妻の献身的な努力と協力があるのです。
決してこの気持ちを忘れているわけではありませんよ。

******************************************************

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170805【番外編】みなかみ自... | トップ | 170919山梨キャンプツーリング »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポン吉さんのスクープ (りー)
2017-08-15 15:14:27
文吉さんこんにちは。
後半は意外とあっけなく終わりましたね。
ただ帰るだけで、どこにも寄らなかったんですね。
せっかくだから、温泉にでも入ってくれば良かったんじゃないでしょうか?
水上温泉やちょっと足を伸ばすと猿が京温泉もありますよね。

ポン吉さんのお猿さんの写真は良いですね。
野生の猿ですから、逃げ足が速いのですね。
文吉さんでも撮ることができなかったのに、お見事です。

本当にそうですね (文吉)
2017-08-15 18:20:11
リーさん
コメントありがとうございます。
今回は書いた本人も「ちょっとあっけないかな」と思っております。

実際に何もアクシデントがあったわけでも、どこにも寄ったわけではないので、こんなもんなんですよ。

本当は老神温泉に寄って行こうかと思ってポン吉とも話していたんですが、時間的にまだ早くて開いてないし、沼田を過ぎたらあとはただ帰るだけになってしまったんですよね。

まあ、何もないのが一番かもしれませんね。
下手に寄り道して車を傷つけることにでもなったらそれこそ目も当てられませんからね。

とりあえず、次回作に期待して待っていてください。
まだ、何も予定ありませんけど。


あっという間 (もっちゃん)
2017-08-23 14:40:21
文吉、お疲れ様。

なんかあっという間の2日間だったなあ。特に帰りは淡々としていたので余計にそう感じたかも。
でも、まあ久々にお前とゆっくろ話をすることもできたし良しとしますか。

サルくんの写真はちょっと真面目にパチリをしちゃたかなあ。
どうでもいいけど、俺ペーパードラバー?
あっさり、さっぱり (Professional)
2017-08-23 23:42:50
文吉さん、ぼんきちさんキャンプお疲れ様でした。まあ、真夏なのでコッテリよりはあっさり、さっぱりがいいですね!?余談ですが、ブラタモリで阿左美冷蔵出てました!
プロドライバーではない (文吉)
2017-08-24 04:18:48
ポン吉
コメントありがとう
まあ、ゆっくりと話をする時間はたっぷりあったな。
君がペーパードライバーなのかどうか疑問に思っているみたいだけど。

1、プロのドライバーではない
2、この5年間くらいでニ度しか運転したのを見たことない。
3、君の引っ越しの時は軽トラを文吉が運転した。

という客観的事実をみると世間では疑問すら浮かばないと思うよ。
見ました (文吉)
2017-08-24 04:22:26
プロさん
コメントありがとうございます。
帰り道は本当にサル以外はアクシデントも何にもなくて、ブログに書くこともなかったもんで、あっさり、さっぱりです。

ブラタモリの阿左美冷蔵は文吉も見ました。でも、あれは本店のほうで、文吉が行った時は休みだったのです。
まあ、中身は同じだと思うけどね。


コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。