新・ボヤッキーでトンズラーな日記

そこいら辺にいる普通のオッサンです。日々気にくわない事や腹が立ったことをつぶやいています。

勝手に「国民の代弁者」を騙るな!

2017-08-14 01:42:54 | マスコミ

民進党のタ○キンの“切なる願い”により(笑)中四国にPAC3を配備したワケですが、それについて早速毎日新聞が噛み付いています。

「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声


航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。

配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。

広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしいと訴えた。

出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と不安げな様子だった。


 

記事の内容が余りにも予想通り過ぎて、笑いを通りこして不安になるわ!(笑)

しかしサヨクって

「破片が落ちてきたらどうするニダ!」

ってな事をマジで言ってるってのが逆にコワいというか、

「ミサイルの直撃と迎撃後に落ちてくる破片のどちらの方が甚大な被害を被るか?」

って事すら理解出来ないなんて、重大な知的障害があるとしか思えません。

そのくせ「自分達は頭が良い」と思い込んでいるのですから、ホント救いようがありませんな!

ああ、でもキチガイってのはそういうモノでしたな!

┐(゚~゚)┌ヤレヤレ

 

それにしても、そんなにミサイルが飛んでくるのがコワいのなら、いっそ先制攻撃してミサイル発射を防ぐって手もあるのですけど、マスコミやサヨクは意地でも口にしないでしょうなあ。

だって自分達の「母国」や「スポンサー」を潰すワケには行かないでしょうから。

( ゚д゚)、ペッ

 

マスコミと言えば、最近まーた無理矢理「韓流ブーム」を起こそうと工作活動を続けているワケですが、日テレでもこんな露骨な工作活動をやっていたそうで。

【炎上】日テレZIPにインチキアンケート疑惑が浮上

単純と言うか「過去の成功例に拘る」と言うか、ホント、やり方が昔のまんま!

ネットが普及している今の時代では、昔のようなやり方で印象操作をしても無駄だってのがまだ理解出来ないなんて、頭悪すぎだろ!

まあ、アイツら基本「一般人は俺達よりもバカ」と思い込んでいますし、マスコミってどこも就職試験の倍率が他の業界に比べると異様に高い為、合格した連中は「選ばれしエリート」と勘違いしちまっているからなあ。

「自分達よりも頭が良いヤツなんてそれこそ世の中には吐いて捨てる程いる」

って考えに至らないのは、さすが、目先の事しか考える事が出来ない半島人らしいとも言えますが(笑)

 

マスコミと言えば、官房長官会見の度に菅さんに噛み付いてホルホルしているキチガイ女が居る事は知る人ぞ知る話ですが、サヨクの間ではなぜか(笑)英雄扱いされているらしく、週刊文春なぞはインタビュー記事まで載せる始末。

 

私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由 東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#1


――望月さんが菅義偉官房長官の定例会見に出席するようになって2カ月ほど経ちました。官房長官の印象は変わってきていますか?

望月 全然変わりませんね(笑)。最近は「主観と憶測に基づいて聞くな」とか「あなたの要望に答える場じゃない」とか、私に対して個人攻撃的なことを言いはじめているとも感じています。産経新聞さんが私への批判記事(「官房長官の記者会見が荒れている! 東京新聞社会部の記者が繰り出す野党議員のような質問で」)を書いていましたが、会見とは国民に成り代わって、記者が政府への疑問や疑念をぶつけ、より国民にとって開かれた政治を作っていくきっかけになる場でもあると思っています。


 

反撃出来ない相手に、ネチネチとイチャモン付けてホルホルする。

ホントに半島人気質そのまんまですな!

それに「会見とは国民に成り代わって記者が云々~」って発言自体が既に頭の悪さを証明し、且つ「自分達は選ばれしエリートニダ!」って考えがモロに出ているワケですが、当然ながら当人がそんな事に気付くワケも無く、それどころかまるで自分がゴネる事こそが「義務」や「使命」のごとく考えてるフシが多々見受けられ、更には自分の言動に酔いまくっているのが丸わかりで、端から見てても気持ち悪いわ!

サヨクってこんなんばっかですなあ。

それに、我々国民は一度たりともマスコミに「代弁者」を頼んだ事は無いし、そもそもそういった類のアンケートすら取った事も無いのですから

「我々こそが国民の代弁者ニダアル」

って言うの、いい加減辞めてくれんかなあ。

つ~か!

売国奴の詐欺師集団が

「国民の代弁者」

を勝手に騙るんじゃねえ!

( ゚д゚)、ペッ

 

特に昨今のメディアと来たらニュースですら嘘ばかり!

おかげで本当にテレビ、特にニュース関連はよほど重大な事件とか問題が起きない限り見なくなりましたわ。

だって、見ると不愉快になるだけなので。

 

ああ、それとサヨクに関しては何事も大げさに報道するのにもいい加減ウンザリしてます。

例えば、この沖縄の件でも・・・

県民大会に4万5千人(主催者発表) 「撤回はわたしの責任で決断」と翁長知事 


12日午後、那覇市の奥武山陸上競技場で開かれた「翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない県民大会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)には、主催者発表で4万5千人が集まった。登壇した翁長雄志知事は、辺野古新基地建設での埋め立て承認の撤回について「政府が工事を強硬に推し進める状況は必ず撤回につながる。私の責任で決断をする。辺野古に新基地は造ることは絶対にできないと確信している」と述べた。


 

「 県民大会」と言いながら、本当の県民は果たして何割いた事やら・・・。

 で、この「主催者発表4万5千人」ですけど、早速“解析”されちまってたりします。

【ネット時代w】琉球新報議「県民大会に4万5千人集まった!」→現実が即バレwwwwwwwwww

 続報★「県民大会に4万5千人!」←引いた現地写真がうpされ、ねらーが即解析wwwwwwwwwwww

 

つまり

「あの場所に4万人も集まるのは無理!」

だそうな(笑)

しっかし、相変わらず「10倍盛り」を辞めないんですなあ、連中って。

ネットが普及している今、こうやって解析されて嘘がバレるだけだってのに。

けど、サヨクとグルになっているマスコミが「主催者発表」の方“だけ”を報道するから、盛るのを辞めるワケにはイカンのでしょうな。

やっぱまずは売国集団のマスコミを何とかしないと、何時まで経っても「普通の国」になれそうにありませんな・・・。

┐(゚~゚)┌ヤレヤレ

 

それでは、今回はこの辺にて。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこもかしこも狂人だらけ | トップ | 「狂」に振り回される日本 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
役立たずの被爆者・平和団体 (KY)
2017-08-14 05:24:54
 今まではきつく言うのを控えてきましたが、ここまで本来糾弾すべき相手に抗議しないで自国に文句ばかり言う被爆者団体の醜態を観るにつけ、完全に愛想が付きました。他の反戦団体同様に、行動パターンが冷戦時代と全く変わってないんですよね。当時は東側の核には大甘だったダブスタが、今では北の核に対する病的な程のシカトぶりに現れてる訳で。そもそもイデオロギーで分裂する組織が何処まで真剣に核廃絶を企図しているか非常に眉唾物ですな、ましてや広島・長崎の追悼式典時に慰霊そっちのけで「安倍辞めろ」のシュプレヒコールを大音量で繰り返していたパヨクに対し一言も抗議しなかった団体はもう存在価値すらありません。奴らはGHQとマスゴミのでっち上げた「日本が悪い」歴史観から一歩も踏み出せていないから未だにこんな戯言を真顔で抜かせるのでしょう。今ア究極の引きこもりは核廃絶と世界平和に全く貢献していないどころか却って害悪です。
 トンキン新聞の、独自取材ではなく便所週刊誌の与太記事を根拠に記者会見で無駄な時間を潰すメス豚記者同様にこいつらも勝手に国民の大便、もとい代弁者を勝手に騙るのでいい迷惑ですよ。尤も奴らが謙虚さに目覚めるのは殆ど絶望的でしょう。恐らく来年以降も北の暴挙はスルー、自国政府ばかりに難癖を付ける傾向は変わらないでしょう。もう自分達の役目は終わった事にも気付かない限り、見当違いの利敵行為にしかならない反戦反核運動を今後も続けるでしょう。

 何百回バカにされても、意固地でも水増し大本営発表をパヨクが止めようとしないのも、遺伝子治療でも完治の見込みがない病的なまでの自己正当化が災いしてるのでしょうね。
 自己を客観視できないってのは、ある意味平和の最大の敵でしょう。
戦争というイデオロギー。 (クロッカス)
2017-08-14 08:15:40
北朝鮮によるミサイルへの防衛に被爆者団体の声を載せてくるあたりに、奴らの卑劣さが滲み出ていますね。

あまり悪くは言いたくはないのですが、今の世界情勢を見ていると、非核化への声は年々説得力がないものにみえ、むしろいつまでも日本が非核化にこだわっているから、国防が手薄になっているような気がします。
今の情勢と向き合い、万が一、戦争に巻き込まれることがあった場合、どうするのかきちんと事実を見てほしいと思うのですが、何か被爆者の団体っていつまでも時間が止まっている感じがするんですよね…。

いつも安倍総理が被爆者団体や長崎市長・広島市長から批判を浴びていますが、北朝鮮からのミサイルに対して国民の安全を守らなくてはいけない立場を考えると板挟みになっていることが気の毒に思えます。

長年、対話による対話をしてきた結果が北朝鮮のミサイルの精度が増し、頻繁に撃ってくるようになったんですがね…PAC3があってもなくても、いい加減日本に向けて撃ってきているんですけれどもね…。

後、欧州(メルケルやマクロン)がアメリカと北朝鮮に自制を求めるように言っているようですが、自分達のところに飛んでこないから綺麗事を言ってきたり、内政干渉のような発言、やめていただけないでしょうかね?カリアゲが欧州にもミサイルを飛ばしてやるって言いだしても、綺麗事言ってられるんでしょうかね(苦笑)

お盆の頃にあると、少し暑さが和らいでいるように思えます。皆さま、ご自愛ください。

コメントを投稿

マスコミ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。