新・ボヤッキーでトンズラーな日記

そこいら辺にいる普通のオッサンです。日々気にくわない事や腹が立ったことをつぶやいています。

筆舌に尽くしがたき狂気

2017-06-15 01:22:41 | サヨク

いやあ・・・・・・・。

もうね、朝からツッコミ入れまくったせいで、今や完全に“ツッコミ疲れ”ですわ(^^;)

何せ、朝の情報番組見てたら、昨日の森ゆう子vs義家副大臣の映像を流しながら

「言葉がハキハキとして大きな声で喋っているのが素晴らしい」

「義家から脅されても動じず自分の意見を通した森ゆう子カッケー!」

ですからね。

あの質疑のどこをどう見たら義家氏が森ゆう子を脅している風に見えるのやら。

むしろ逆だったろうが!

テレビに出ているヤツらって、私らの感性と全く違っているというか、あんな大声を出すヤツのどこが「素晴らしい」のやら。

まあ、朝鮮には「大きな声を出して相手を黙らせた方が勝ち」と言う「声闘」って風習がありますから、テレビに出ているヤツらも多分それを思いながら「森ゆう子カッケー!」とか思っているのでしょうな。

やっぱりテレビに出ているヤツらの大半は日本人じゃないんだなあ、と改めて感じさせられましたわ。

 

次に、ネットを覗いてみれば、今度はこれ。

【動画】民進・小川敏夫「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら共謀罪で処罰される。一般人も対象じゃないか」

 

何というか、民進党議員の挙げる「具体例」ってどうしてこうも自白するような内容ばかりなんでしょうな。

共謀罪云々関係無く、罪を犯せば捕まるのは当たり前じゃ!

どうしてそんな簡単な事が理解出来ないのでしょうか、コイツは。

というか、そもそも一般人はヤクザと関わる事なんて殆ど無いし、ましてやヤクザから「悪い事しに行こうぜ!」なんて誘われるワケねえだろうが!

つ~か。

こういうのって、日頃から「ヤクザとそれなりの付き合い」が無いと絶対に出て来ない発想だと思うのですがねえ。

┐(゚~゚)┌ヤレヤレ

 

そしてその後にツッコミまくったのが、マスコミや野党の推測では「今週末に採決する予定」だったテロ等準備罪に関する件。

いやもう、これに関してはテレビやネットニュース見る度にツッコミ入れまくってしまいましたわ!

なにせいきなり「本日採決される!」って情報が流れたものですから、野党もマスコミも、日頃の狂気っぷりを更に上回るキチガイっぷりを発揮しまくってくれたせいで、見ているこっちもツッコミ入れ過ぎて疲れたわ!(笑)

 

だって、いきなりこれですよ!

また出た「女の壁」作戦! 民進・芝博一幹事長代理は「足を踏むな」と衛視に逆ギレ


「女性前! 女性前!」

 山本順三委員長(自民)の入室を阻止しようと、野党側がまず展開したのは「女の壁」作戦だった。平成27年9月の安全保障関連法の参院審議の際に、男性の衛視が体に手を掛けて移動させることが難しいという理由から用いられた手法だ。

 「壁」の要員として陣取った社民党の福島瑞穂副党首や共産党の吉良佳子参院議員らは「中間報告はんたーい!」「民主主義壊さないでくださーい!」などと声を張り上げ、与党の議事運営手法に抗議した。

 一方、衆院からの“応援部隊”も姿を見せ、民進党の玉木雄一郎幹事長代理、福島伸享衆院議員らが「参院は良識の府だろ!」などと批判を浴びせた。

 大勢の議員や報道陣で押し合いへし合いの現場ではトラブルも頻発した。民進党の芝博一幹事長代理は衛視に「俺の足を踏むな」と怒りをぶちまけた。


 

「女を武器にする」って、こういう事じゃないハズなんだけどなあ(^^;)

以前もツッコミ入れましたけど、「女性の尊厳を守れ」「女性の地位向上」とか言ってるヤツらに限ってこういう「女性の品格」を疑わせたり貶めたりする行為を平気でやるのはどういうワケなのでしょうな?

「女性」を盾にする所を見ると、一応自分達の事を女性と思っていないワケではないみたいですけど・・・ま、ヤツらの考えている事なんて判りたくもありませんが。

というか、多分当人達から説明されても我々には理解出来んでしょうから。

アイツら、話が長いばかりで的を射ていないから、聞いてても苦痛なだけですからねえ。

あ、そうそう。

昨日、BSフジのプライムニュースに上記記事内にも名前が出ている玉木雄一郎が出演していたのですけど、途中「視聴者からの意見」として

「加計学園は何が問題なのですか?どういう法律を違反しているのですか?説明してください」

ってな質問を司会の反町氏が玉木雄一郎と共産党の宮本ってヤツに聞いたのですけど、共産党のヤツは(・∀・)ニヤニヤしながらまともに答えられず、玉木は玉木で、おそらく以前からそういうツッコミされていたので一生懸命考えたのでしょうけど、その結果が

「内閣法6条に違反しているニダ!」

だそうで。

けど、反町や同番組に出演してた下村元文科相に

「それってどういう事?」

「それのどこが今回の件と関係あるの?どういう部分がそれに違反しているの?」

とツッコミ入れられたけど、結局まともに説明は出来ず、最後は得意の逆ギレで誤魔化す始末。

まあ、あちこちでも散々ツッコミ入れられている通り、マスコミや野党が有り難がっている「怪文書」が例え本物だとしても何ら法律を犯していないのですから、説明出来るワケがありませんわな。

けど、何かしら法を犯している事を印象付けようとして考えたのが「内閣法第6条」なのでしょうけど、


第6条(内閣総理大臣の指揮監督権について)

  • 内閣総理大臣は、閣議決定た方針に基いて、行政各部を指揮監督する。

 

うん、全く意味が判らん!(笑)

汚いキン○マ野郎は、これをどうやれば「法律違反」にまで持ち込む気なのやら。

というか、よく人前に顔を出せるものですわ、このキ○タマ野郎は!

┐(゚~゚)┌ヤレヤレ

 

それと同番組の冒頭に、今回突然採決に至った経緯を下村さんが説明していたのですけど、やはり最大のきっかけは昨日の民進党の暴挙だったそうです。

委員会で他党議員が質問しているのを無視して金田法相の不信任決議案を提出した事から

「審議を中断させて不信任案を提出したと言う事は、民進党を初めとした4党はこれ以上審議する気が無い」

と判断し、委員会採決をすっ飛ばして国会採決を行う事にしたそうです。

今回の採決に到るまでの一連の流れは、結局民進党の暴走が招いた自業自得だったワケですが、タマ○ンは

「最初に強行採決をしたのは与党じゃないですか!だから全て与党が悪い!」

と、これ又芸の無い逆ギレ・・・いや、ありゃ完全に火病を発症してましたな(笑)

以前「キレやすい若者」ってのが話題になった事がありましたけど、若者よりもキレやすいんじゃないか、タマ○ンを含めた野党議員って。

というか、コイツを初めとした民進党を含めた野党4党議員と日本の若者を比較する事自体、日本の若者に失礼ですわな。

なにせヒトモドキなので、比較すら出来ませんから(笑)

 

そしてトドメが、反日極左番組の「報道ステーション」

しかも、何と!ゲストに田原総一朗(ともう一匹)が特別ゲストとして出演していたのですが、これがまあ見事なまでにキチガイジジイぶりを発揮して、実況板は大盛り上がり!

初っ端から安倍さんをボロカスに貶しまくり、

「共謀罪なんて国民の大半が反対している!」

「国連の報告者だって反対している!」

「こんな法案をどうしてこんなに急いで成立させなきゃならないんだ!おかしいじゃないか!」

「こんなん採決したら世界中から笑われるぞ!」

と言いたい放題。

更には金田大臣を「あんなヤツを大臣にして」と言ったり

「安倍さんは森友にせよ加計にせよ悪い人ばっかり友達になりますね」

と、最早名誉毀損罪を適応されてもおかしくない程、貶す、貶す!

ありゃあ殆ど放送事故でしたな(笑)

そのキチガイっぷりは、動画を見て戴くのが一番判りやすいのですが、今の所まだ上がっていないみたいですね。

いやあ、残念だわ。

で。

そうやって本人が居ない所ではやたらと威勢が良いけど、いざ本人を目の前にするとそれまでの威勢の良さはどこへやら。

途端に弱気になり、更に自分の発言に反論されると何も言い返せなくなって別の話題に移るか逆ギレして誤魔化すのが田原総一朗と言うヤツ。

ま、典型的なニホンエセサヨクと言う事ですな。

┐(゚~゚)┌ヤレヤレ

 

さてさて。

皆さんがこれを読んでいる事にはおそらくテロ等準備罪が成立していると思いますけど、成立した事に対し、マスコミと野党がどれだけキチガイっぷりを発揮しまくってくれるか、又、どれだけ偏向放送しまくって安倍政権の評判を落とそうとするか。

いやあ、今から色んな意味で楽しみでワクワクしますわ(笑)

 

それでは、今回はこの辺にて。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党、かつてない程の暴挙... | トップ | 今の日本はテレビを見過ぎる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素直に喜びましょう (KY)
2017-06-15 21:53:08
 野党が牛歩戦術なるカビの生えた、虚しいの一言に尽きる児戯を行ったところで世論の支持を得たテロ等準備罪の成立を阻止できる訳も無く、無事(スパイ防止法の通過点としてですが)当法案は参議院を通過、成立しました。野党のとマスゴミの火病、いや発狂ぶりは正常運転なので言及するまでもありませんが、奴らって本当に国会運営とか民主主義の定義について無知蒙昧なんですね。
 閣僚に対する問責決議案提出って自ら「これ以上審議に応じる気はない」と宣言するも同じなのに、民進党は何十回同じ事をやれば政府与党に審議打ち切りの口実を与える事になるって理解できるのでしょう。それ以前に維新議員の質問を妨害してまで提出した時点でもう奴らに政府与党を云々する資格はありません。それにも増してどれだけ屁理屈を付けて審議をサボってきたか、それが有権者に対する背信行為とは露程も奴らは思ってないのでしょうね。
 そして牛歩戦術に陶酔するあまり、投票の締め切り時間が過ぎて慌てて投票すると言う醜態(勿論違反です)を晒した森裕子、福島瑞穂、又市征治(中折れ野郎)は、さらに投じた票が無効票にすらカウントされず「棄権」扱いされると言う恥の上塗りを演じました。
 「共謀罪は危険」と煽って意図しないにせよ「棄権」したって寒いギャグですな。
 で、熱しやすく冷めやすいマスゴミは、この件からあっさり手を引いて加計学園ネタ一本に絞って安倍叩きを再開しましたが、下村文科相が再調査の結果コメントしてた、奴らに都合の悪い部分は完全にオミットして報道してましたな。「民進党の入手した文書と文科省から発見された文書には若干の相違点がある」
 まさかこれを「改竄ではないニダ」と強弁するつもりではないでしょうな?明日はこの件で参議院で集中審議が行われますが、まさかタマキンは「病欠」しないでしょうな?国会中継はきちんとノーカットでやるんでしょうか?

 くじらっくす氏の件ですが、埼玉県警のやった事って総連や人権ヤクザが作家に対してやった事と同じなのが気になります。前二者は漫画や活字媒体に気に入らない箇所があると、出版社や編集部をすっ飛ばして直接著者に圧力を掛けるのがやり口でした。こういう悪手を警察が真似するって危険じゃないでしょうか?
 児ポ法改定反対の声明を出した日本ペンクラブは未だダンマリですか。
Unknown (射撞)
2017-06-18 01:41:35
>>KYさん

くじらっくす氏の件は、随分「途中」をすっ飛ばしているので、私もその点が気になりました。
まあ、普通に考えれば「見せしめ」でしょうかねえ。
最近、ああいった雑誌の内容がかなり過激になって来ているらしいので、色々と懸念されてましたから。

ちなみに野党は最早「共謀罪」ってのを口にすると逮捕されると思い込んでいるんじゃないか、って位言わなくなりましたね。
マスコミもおそらく来週からは「そんな騒動無かった」事にする可能性が高いって話ですし、テロ等準備罪をどんだけ怖がっているのでしょうね、ヤツらって。
まあ、判りやすいと言えば判りやすいですが(笑)

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。