新・ボヤッキーでトンズラーな日記

そこいら辺にいる普通のオッサンです。日々気にくわない事や腹が立ったことをつぶやいています。

国内の工作員に注意!

2017-04-19 02:13:47 | 日本

サヨクやメディアの妨害や嫌がらせにも負けずに、ずっと愛国心を貫いておられた渡部昇一氏がお亡くなりになったとか。

渡部昇一さん死去、86歳 保守の論客、『知的生活の方法』


『知的生活の方法』のベストセラーを出し、保守派の論客として知られた英語学者で、上智大学名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)さんが、2017年4月17日、心不全で死去した。86歳だった。各メディアが報道した。


 

「各メディアが報道した」

と書いてありますけど、少なくとも私はテレビのニュース等では見てませんな。

どっかの訳の分からないサヨク系詩人とかの死についてはすぐに報道するくせに「保守派」は亡くなっても無視とは、ホント、エエ度胸しとるわ日本のメディアは。

(" ̄д ̄)けっ!

 

私は今でも氏の活躍のおかげで、日本人の多くがサヨク支配から脱却出来たと考えています。

そして、例えサヨクの妨害などがあっても決して負けずに己の信念を貫かれたその姿勢には頭が下がる思いですし、到底マネは出来ませんけど、私も多少なりとも見習っていきたいと思います。

ただ・・・・・・やっぱり、せめてもう少し長生きされて、日本がもっと“まとも”になっていく所を見ていて貰いたかったなぁと。

本当につくづく残念でなりません。

末席ながら謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

さて。

政治の面ではかなりサヨク色が薄くなりつつあるとは言え、いまだ野党にはサヨクという名の売国奴共がゴロゴロしているので油断は出来ないワケですが、その中でも現在筆頭売国奴集団である「民進党」がまーたしょーもない質問をしていたそうで。

「北ミサイルは迎撃可能」 稲田防衛大臣が強調


北朝鮮情勢が緊迫するなか、国会では18日も弾道ミサイルに関する議論が行われ、稲田防衛大臣はミサイルの迎撃は可能だという認識を強調しました。

 民進党・本村議員:「北朝鮮からミサイルが飛んできた場合、本当に撃ち落とすことが可能なのか、イエスかノーで答えて下さい」
 稲田防衛大臣:「可能です」
 また、サリンなど化学兵器を搭載したミサイルを迎撃した場合の被害についても議論になりました。防衛省幹部は、ミサイルを迎撃して破壊した時の熱などによって化学物質の効力がなくなる可能性が高いという見方を示しました。そのうえで、仮に効力が残っていても地上に落下する過程で拡散するとして「所定の効力を発揮することは困難だろう」と述べ、被害は拡大しないという認識を示しました。


 

「しょーもない」と言うよりも「北朝鮮に日本の防衛力を知らせる為に敢えて質問した」ってところでしょうな、アイツらの場合は。

(" ̄д ̄)けっ!

まあね。

正直、今の日本の防衛力でミサイルは確かに迎撃可能なんですよ。

ただ、数十発もいっぺんに撃たれるとさすがにキツイものがありますけど、現在の見立てによると北朝鮮の方も大量のミサイルを撃てるだけの技量と数が無いようなので、ですから稲田防衛大臣の言っている事は間違ってはいないのも確か。

それに米軍も黙ってやられるワケが無いので、日米共同で撃ち落とせばおそらく殆どのミサイルは防げるのではないか、と。

・・・けどねえ。

それをわざわざ国会で防衛大臣に言わせるってのがヘンと言うか、自国の防衛力をわざわざ公の場で口にさせる政治家がどこの世界にいるんだっちゅうねん!

あ、日本に居たわ(^^;)

 

それとサリンに関してですけど、実はサリンってかなり熱分解されやすい物質な為、大陸間弾道ミサイルに搭載するにはかなり高度な断熱材や防熱技術が必要なのですけど、今の北朝鮮にそれだけの技術や材料があるとは思えないし、あったとしても全てのミサイルに搭載出来る程の数が揃えられるとも思えませんし、又、万が一それらが成功したとしてもミサイル迎撃の際に生じた熱で分解される可能性も高い為、私はそんなに脅威とは思っていません。

ちなみに、水にも溶けやすく、しかも溶けた時点で別の物質に変わるので、万が一サリンが撒かれたら取りあえず近くのプールや銭湯にでも駆け込んで頭から潜っておくってのも一つの手ではあります。

ただ、その銭湯が今では殆どありませんが(^^;)

まあ冗談はさておき(笑)、何だかんだ言っても一旦撒き散らされたら甚大な被害が出るのは地下鉄サリン事件で実証済みですから、サリン搭載ミサイルを防ぐ最大の手段はやはり発射前に破壊するのが最大の防衛手段と言えます。

「攻撃は最大の防御である」

って言葉は伊達じゃ無いって事ですな。

こういう話題が出る度に、サヨクは「憲法9条がある限りそんな事は許されないニダ!」と大騒ぎしますけど、憲法9条でミサイルは防げんわなあ(笑)

 

・・・ってなわけで。

サリンをミサイル搭載云々に関しては「もしかするとあるかも知れない」程度に思っておいても大丈夫でしょうけど、それよりも最も現実的且つ恐ろしいのが

「日本国内に居る工作員による無差別サリン散布」

でしょう。

多分、安倍内閣もむしろそっちを想定しているんじゃないかな?

なにせ日本には北の出先機関である朝鮮総連ってのがあるのですから、もしかすると既にサリンを運び込まれていて、金正恩の命令一下、オウムみたいに不特定多数の人の集まる場所でコッソリとバラ巻かれたら防ぎようがありません。

しかも今の日本では、それを防ぐ為の法的手段が非常に弱く(なにせスパイ防止法すら存在していないのですから)、だからこそせめてテロ等準備罪を成立させるべきなのですけど、これに関しては皆様もご存じの通り、民進・狂産・社民・小沢と山本とゆかいな仲間達が猛反対!

そういう「日本人の生命財産を守る為の法」に反対している時点で、アイツらの出自を疑いたくなるのも当然と言うもの。

まあ、民進党に関しては三重国籍の支那人が党首やってるって時点で真っ当な組織とは言えませんし、狂産党はかつて戦後に朝鮮人と組んで日本人を殺しまくったヤツらの残党ですし、社民党は旧社会党時代からずっと北朝鮮のスパイとして暗躍し、日本の情報を流しまくっていたヤツらですから、推して知るべしって所でしょうな!

( ゚д゚)、ペッ

 

そう言えば民進党って「共謀罪なんてウリ達が潰してやるニダ!」と宣言してましたっけ。

民進 テロ等準備罪新設の法案廃案目指し 法相を追及へ


民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、金田法務大臣は十分に説明責任を果たしていないとして、廃案を目指し、金田大臣への追及を強める考えを示しました。


 

おーおー!

デマばかり流す「デマノイ」が何を偉っそうに!

テメエが他人を非難出来ると思ってるのかっちゅうねん!

(" ̄д ̄)けっ!

やっぱコイツら、自分達が捕まる可能性が高いからテロ等準備罪の成立に反対しているのでしょうなあ。

こちとら、今月末にゴッソリと消費税持っていかれるからムカムカしてるってのに、こんなバカ共に税金が使われているかと思うとホント腹立つわぁ!

正にコイツらの存在こそが最大の税金の無駄使いですよねえ。

というか、国会議員減らす話はどうなってんだ?

北の問題が一段落するまでお預けなのでしょうかね。

むしろ、今の様な状況だからこそ売国奴を減らす意味でも実行すべきだと思うんだけど・・・安倍さんもやる事が多すぎて手が回らないのでしょうな。

なにせ、今尚サヨクが安倍政権のやる事なす事全てに対し妨害工作を続けているのですから、話が全然進みませんからね。

サヨクってのはなぜか「先延ばしにすればいつか解決する」って考え方を持っているヤツらが多いみたいですけど、それって結局

「俺達の能力では解決出来ないから未来に丸投げ」

って言ってるのと同じで、要するに「俺達は無能」って自白している様なものなのですけど、いつものごとく連中にそういう意識は全く無いようです。

まあ、自分の事を客観的に見る事が出来ないからこそ、時代遅れの「ニホンエセサヨク」なんてもんを今尚続けているのでしょうし、しかもアイツらなぜか「俺達は選ばれしエリート」と思い込んでいるので、そういうヤツらが自分達の事を「無能」と認める事は、それこそ死ぬまで無いでしょうなあ。

いや、例え死んだとしても、閻魔様に向かって

「有能な俺達がどうして地獄に行かなきゃならないんだ!納得行かないアルニダ!」

とゴネそうな気がしますわ。

そんなヤツらを相手にしなきゃならない閻魔様も大変だなあ(笑)

 

ああ、それと。

いまだ日本のマスコミは、北に関する事や軍事絡みの情報でさりげなく嘘を流したりしているので、テレビで言っている事はあまり鵜呑みにしないようにして、何か疑問点があったらネットのウイキペディアか専門サイトで調べるようにした方が良いと思います。

他国の工作員に乗っ取られたメディアの言う事を鵜呑みにして自分が被害に遭ったらタマッたもんじゃありませんから。

 

それにしてもまあ、まさか「メディアを信用するな」と言える時代が来るとは思いませんでしたわ。

かつてはそんな事を言っても鼻で笑われていただけでしたけど、今では皆が聞く耳持ってくれますからねえ。

それだけでも、私は今の日本は本当に良い方向に変わったんだなあ、と実感しています。

これで後は「サヨクを騙る売国奴や他国の工作員」が消滅してくれればもっと良くなるんだけど、アイツらって家庭に出る某昆虫並みにしぶといので、これが又なかなか消滅してくれないのよねえ。

毎度のつぶやきで恐縮ですが、連中に効く殺虫剤ってどっかに無いものでしょうかねえ(^^;)

 

それでは、今回はこの辺にて。

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディアと野党は「北朝鮮目... | トップ | ガソリーヌの場合はあまりに... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
渡部昇一さん、お疲れ様でした (KY)
2017-04-20 00:45:12
 生前戦後保守論壇を背負ってきた渡部氏の功績はとても一言で語り尽くせるものではありませんが、それも常に孤独な戦いだった事は言う間でもありません。パヨク連中、特に朝日新聞は氏を目の敵にしてましたからね。私が渡部氏を知るきっかけとなったのは昭和57年に起きた「教科書誤報問題」でした。大方のマスゴミが「歴史教科書を侵略→進出と書換えさせた文部省(当時)は怪しからん」と言う付和雷同的論調だったのに対して「書換えたと言う教科書の出版元が明らかになっていない」とのごく当たり前の疑問をもって報道の虚構を暴いたのは彼とサンケイ新聞(当時)だけでした。パヨクマスゴミや論壇の集中攻撃にもくじけずに自分のポリシーを生涯貫いた渡部氏の生き様には唯感服するのみです。惜しむらくは氏の後継者が中々育たない事ですね。悲しい事に目立つのはにわか保守とか少しでも自分の意に沿わないと掌返して味方を後ろから撃つ「酷使様」ばかり。パヨクの方はマスゴミや教育界に未だ影響力があるので容易く後継者が育つと言うハンデがあるにせよ、何とかならないものでしょうか?

 パヨクが幅を利かせている分野と言えば野党ですが、特に民進党は審議に入ったテロ等準備罪法案を潰そうと増々斜め上の質問をするようになりましたね。昨日はよりによって小学館の歴史漫画をソースにして

 「一揆はテロ等準備罪に該当するのか?」

 と質問する始末。法務副大臣が「時代背景が違う」と答弁するのも当然ですが、質問した民進議員は全くその自覚がありません。
 http://www.honmotakeshi.com/archives/51108782.html

 こんなんで「法相を追及して法案を廃案に追い込むニダアル!」と息巻くデマノイも無知蒙昧&白痴振りにますます磨きがかかってますな。どうせ去年のサミット風刺画で勘違いしてた件はもう脳内辞書では「無かった事」になっているでしょうね。これからも民進党は法案阻止で火病る余り、増々白痴振りを深化させるでしょうけど、正直こんな醜態を観て笑うのはシャレになりません。やっぱり一刻も早く民進はじめ共産、社民は一分一秒でも早く日本から消えて欲しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。