写カットライフ

写真を通して人生を楽しみたい。
道具に凝るのもよし、撮影技術を磨くもよし、写真をテーマに楽しみ方を綴ったブログです。

花の育成は難しい

2017年05月18日 14時56分20秒 | ガーデニング

久しぶりにガーデニングの話をしてみよう。
初夏が近くなって転居1年の庭はやっとだが花を楽しめるようになった。1年前に引っ越してきた頃は草ぼうぼうでどこから手を付けたら良いのかわからないような状態だったので、それから比べればかなり改善された。
昨年の秋に種まきして芽も何も出ず、土が駄目であったかと諦めていたビオラが下の写真のように元気に咲くようになった。ビオラは妻が寄せ植えで買ってきたものもあったが、そのビオラよりよっぽど色鮮やかに咲いている。

イングリッシュデイジーという繁殖力の強い花。大山のコーヒーショップへ行った時。そこの庭に咲いていて、株を少し分けてもらった。どんどん増えていくらしい。

湯梨浜町にある植物流通センターでまとめ買いした花。名前は忘れた。植えた時は良かったが、今では葉が黄色くなり花も艶がなくなってきた。原因はわからない。 

ブルーセージの花。昨年は軒下に花壇を作って植えたため、屋根からの落雪で太い幹がへし折られて潰れてしまった。今年は花壇の位置を変えてそこに残っていた残骸を植え直した。 何とか葉も生えて花が咲き始めた。

矢車草も昨年の秋に種を撒いて、芽は出ていたのだがなかなか花がつかなかったが、咲き出すと次から次へと花が咲きだしている。切り花用の種であったので、切り取って室内に飾っているが今では切り取りが追いつかないほど咲いて来る。 

冬の前までに庭を巡る路を作り、土を掘り返して腐葉土を混ぜたりしてこの春に備えて花の苗を幾つか植えてみた。上手く育つ花もあれば枯れていく花もあった。花の苗は土の環境が変わると弱いのかもしれない。成功率は50%くらいか。その点、種から撒くと時間はかかるが100%開花する。
今、ルミナスとポピーとひまわりとコスモスの種を撒いて無事に発芽させることが出来た。芽の成長を毎日水をやりながら楽しみに見ている。
しかし、雑草もすごい勢いで生えてくる。取っても取っても1週間もあれば立派に回復してくる。花が雑草を上回って抑えるように咲いてくれればよいのだが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉吉の白壁土蔵群 | トップ | 最近まいた種の発芽状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。