かっぱと暮らす

日々の暮らしの中の「うれしいなぁ」を綴っていきます

大雨の後

2006-07-20 | Weblog
のんきにブログなんて書いてよいものか・・・とは思うのですが。

今回生まれて初めて災害というものを目のあたりにしました。
火曜日の夜、隣の町は腰あたりまで水がきたらしく、
ひょっとしてこっちも・・・!?我が家は1階なので、心配です。
ダンナは仕事でいません。
もし水が来たら?避難しないといけなかったら?
おおっどこに避難すればっ!!
ビクビクしながら夜を過ごしていました。
結局我が家は無事に朝を迎えることが出来ましたが。

昨日は仕事だったので、朝いつもより早めに家を出たのですが
水都松江を甘く見ていました。
全然進みません。
通行止めになっている道が何箇所かあるようなのです。
いつもなら橋の上で他称ホテルマンの彼に会う時間だというのに、
私はまだ家をほんのちょっと出たところまでしか進んでいないのです。
遅刻決定。

もうちょっとで着くぞ、と思った松江駅周辺、
な、何これ!!!
人のすねくらいまで水が来ています。
月、火と降り続いた雨は、昨日はほとんど降らなくなったのですが
行き場を失った水があちこちの道にあふれています。
川状態の中をジャーッと走りぬけ(車大丈夫なのか?)やっと到着。
普段なら25分ほどで着ける図書館に、1時間半かかってしまいました。

さて、お昼を過ぎ、なにやら危ない情報が。
雨は上がっているのに、水がどんどん上がってきて、松江駅周辺はもうだめだ、と。
松江という町は川を挟んで北と南に分かれています。
北~南を行き来するには4本ある橋のどれかを通らなければならないのですが、
私が通ってきた橋は完全に通行止め。
他の橋もどうか・・・
ひょっとして私は帰れない?
1本だけ橋が通れるらしいと聞き、職員総出で私を家に帰す道を検討してくれました。
しかも、帰宅ラッシュになったら、この橋にみんな集中してとんでもないことになるから、と
早く帰らせてもらうことになりました。
遅刻のうえ、早退・・・本当に皆さんに感謝です。

外は夏のような日差しでした。
何だか水害が信じられないくらいです。
でも明日からまた雨が降るとか。
今もまだ通れない橋や道、水に浸かっている地域があるというのに、、、
これ以上被害が出ないことを祈ってます。
お願いします。
ジャンル:
災害
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨警報 | トップ | ヒエヒエツルリ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく降るよね~ (ルル)
2006-07-20 17:36:08
え、大丈夫ですか?それって、すごいですやん。

松江もそんなことになってたとは・・・

大阪もたいがいよく降ってます。止み間がありません。

ウチは10階なんですが、実家は1階なんで、確かにビクビクしてますね。

早くカラっと梅雨明けしてほしい~~~!!

のかっぱさん、いいですね、泳げて(笑)羨ましいカンジ(^^)

でも車にひかれないように(^^;)
『1999年6月29日』 (KIRICKLAND)
2006-07-20 21:20:57
この絵本は、ニュージャージーのホリーという名の少女が電離層での野菜の成長を調べるために、風船につけた野菜の苗を空に打ち上げるところから始まります。



この日、私の住む谷と東の方の谷が裏山から流れ落ちた山砂で埋まりました。まず川がなくなり、田畑がなくなり、家が押し流されました。私の住む谷でも亡くなった方がいます。知り合いのところでは、保母を務めている娘が教室で生き埋めになり数時間後に救出されました。机一個分のスペースが生き長らえさせてくれたそうです。すぐ傍にいた同僚は、正面から土砂を浴び助かりませんでした。



怖いですよ。忘れた頃にやってくる、のではありませんでした。不意打ちです。

起きてしまったら、私の場合はそれから1週間、助け合うことしかやることもできることもありませんでした。



生き延びてください。
Unknown (shachi)
2006-07-22 22:02:04
ルルさん

前にお話した美術館裏のうさぎのオブジェも

たぶん水没していたのでは。

水がひき、金曜日やっと主要な道、橋が通行できるようになりました。

いつもどおりの道を通って仕事に行ったのですが、

松江駅周辺は広い範囲で乾いてた泥がまだ残り、水害の痕を感じました。

来週もずっと雨みたい・・・

いつになったら梅雨明けするんだろう。
Unknown (shachi)
2006-07-22 22:09:01
KIRICKLANDさん

直接ではありませんが、予想外の被害がいろいろとあったので

ひょっとしてうちの横の山も崩れたり・・・!と

心配してビクビクしていました。

初めて雨の音が怖いと思いました。

一応生き延びています。

今はちょっとお腹が痛いくらい(雨とは関係ないか)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
嫁が島沈没!防災のリスクコントロール (勝手気ままなFP独り言)
豪雨、死者・不明20人 各地で土砂崩れや鉄砲水 (朝日新聞) - goo ニュース 梅雨明けももう間近、松江地方は空梅雨と思ったら、大変な梅雨前線が34年ぶりにやって来ました。先日の16日に「日本沈没」の映画についてブログに書いたら、大反響のアクセスでし ...