日高茂和ブログ・のほほん書斎

昭和38年生まれの男性です。日高 茂和の身の回りのことをのほほんと語っていきます。

アーネスト・サトウの心を思う

2017年07月16日 | のほほん所感
メモ書きか、何かの署名くらいしか紙に字を書くこともなくなってしまったが、今日は珍しく小学生の時からまったく進化していないとても「個性的」な筆跡でノート7ページほど字を書いた。
今年の四月から読み始めた幕末から明治にかけて日本に滞在し、徳川将軍をはじめ有力諸大名、幕府や諸藩の有力家臣たち、西郷・大久保・木戸・伊藤をはじめとした維新の立役者とも接触、交流のあったイギリスの外交官アーネスト・サトウの日記を主軸とした萩原延寿の大著「遠い崖」の第十二巻を今朝読了したが、明治八年に一時帰国した時にサトウが出かけたコンサートや親族といっしょに演奏した音楽が記録されているのをメモした。
これらの曲は、配信である程度聴くことができそうだ。
しばらくは残すところ2巻となったこの本と、サトウが聴いた音楽を追体験し、150年前に思いを馳せることにする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石城の蓮我が夏景色 | トップ | 嬉野に住んでよかったと思え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。