つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

確信

2017-08-20 | Weblog
昭和39年、東京オリンピックが開かれたとき、
当時、母親は子供の私にこう言っていた。
「もう二度と東京オリンピックは見れないのだから、
よく見ておきなさいよ」って。
だけれども、
再び、この命ある時分に、東京オリンピックが後3年後に開かれようとしている。
それこそ、未来というのは、人の知るところに非ずで、想像だにしないものである。
だけども、
あの時分、
母親は
確かにそうであると信じてもいた。
今になって、ある意味、それはそうでもあると思う。

運命は共同体でもあるし、
寿命というのは、その中にある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乱れを思う | トップ | 医す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL