つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

・彼らは知らないからである・

2017-06-16 | Weblog
人を思いやれない人は最低な人。
低俗であり傲慢である。
日本という社会も今、思いやりのない人たちが増えている。
嘘八百がまかり通り、発覚さえしなければ良しとして、
嘘に嘘を塗りつくす。
ただ悪いこと違法なことは露顕するものであり、また、露呈したり
暴露されたりするものである。
悪事によって甘美な思いをしたとしても、必ずや報いは受けるものである。
道理というのは辻褄が合うものとなっているためである。
プラスマイナスゼロが道理なのであるから。
だから、悪事はするな。今がよくても報いは地獄の沙汰である。
賢者はこれを知って、悪事はしない。
愚者は知らないために、平気で悪事を為す。
怖いもの知らずとは愚かなことである。

キリストが処刑されるときに言った最後の言葉は、
「神よ許したまえ、彼らは知らないからである」
彼らの悪事を正すことのできなかった悲痛の叫びである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目を覚まして | トップ | 一生の終る時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL