つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

あってもない、ないようだが ある・・・

2006-05-28 | Weblog
自分あっての世である。
自分がいなければ、あっても無いのと同じ。

どんなに美しい花が咲いていても、それを見る自分がいなければ
意味の無いもの。

自分があってのあらゆるものの存在である。

あるのだが無い。

自分が死んでも、明日は確実に有る。
でも、自分には存在しない明日である。

今の自分にはあの世は無い。
死んだ自分にはこの世は無い。
共にあるのだが‘無い’、無いのだが‘ある’。・・という‘ある’‘存在’である。(・・?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何ができるか・・・? | トップ | 必ず、返ってくる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL