つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

闇の扉が開かれた新年

2017-01-04 | Weblog
先進国である日本は豊かな国である、と思われている。
確かに、発展途上にある国よりは豊かに違いないだろう。
でも、格差が激しくあり、年々その差は大きくなっている。
義務教育にある子供の給食費が払えない親が増えている。
最も、義務教育でありながら何かと金がかかる仕組みとなっているために、
うなずけることである。その仕組みを見直せばいいだけのことなのに、
見直すこともなく、低所得であるものの自業自得としてしまっている。
経済的弱者にはとても恐ろしい国である。
愛情面の最後進国ともいえるのではないだろうか。
経済大国の最も恐ろしい落とし穴は、金に苦しみ殺されることである。
法律を作る政治家が悪くなくて誰が悪いといえるのだろうか?
東大進学率は、親が金持ちが多いという。
そんな裕福な家庭で育った人が政治家には多いものだから、
庶民の貧しい暮らしなど考えたこともないのだろう。
金ありき、裕福ありきで国は成り立っていると思っているために、
格差是正といいながら、的外れなことばかりしているのである。
弱者切り捨て金持ち優遇制度ばかり作り上げる。
それはそうだろう、自分たちが金持ちなのだから、
自分達をより守りたがるのは当たり前である。
どんな手立てで大衆を騙そうかと、もっともらしい口実を作り上げ、
金持ちの生活から目をそらさせ、貧困を何とかしなければということに
だけ目を向けさせている。
時給最低賃金、五円十円上げるのに何年もかけて、上がったところで、
生活苦は少しも変わらない。我が国、
今日もどこかで誰かが首をつり、電車に身を投げて命を終える国でもある。
金持ち国の病、うつ病。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちんぷんかんぷんであると思... | トップ | 知恵を付けること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL