つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

経文の訓え

2017-08-17 | Weblog
「・・我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦 仮使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池・・」
「・・我、汝の為に説くに、名を聞かせて身を現わしているではないか。 法則を身に具えた心念は、あの世においても無駄になることはなく、よく諸々なる苦を滅する。
仮に、害意により大火坑へ落されても、観音と呼ばれるようになった彼の心念の力は、
大火坑を池に変成してしまう・・」・・・
観音経は、
釈迦の妙なる法を行じ、観世音と呼ばれるようになって死んでいった修行僧の死後の世界からの語りである。
そのために、釈迦が説き訓えたことが正しかった証明ともなっている。
釈迦が説いた修行法を行じて、法則を身につけることができ、その具えることのできた人の心の力は、
あの世へ逝ってからでも決して無駄にはならず、瞬時思い通りになっていくとしている。

あの世が、心の現象世界であり、心に死がないことを証明したのである。
所謂、心が生命であり、経験が記憶となって心が作られていき、その経験の記憶が無くなることがなく、
死後の世界となっていくとしているのである。そうして、修行が縁となって、観音と呼ばれるようになった人達によって、
修行僧達に啓示となり、
死後の世界があることが証明されたのである。啓示というのはそういうことである。

啓示は、般若心経が説かれた時分は、正しく理解されていったために広く伝わり、多くの修行僧が悟りを開き、啓示されていったが、
広まるにつれて文字の解釈が間違って伝わっていき、それ以来、悟りを開く者は誰一人現れなくなったために、
啓示となることが無くなってしまった。

観音経は、困ったときに一心に観音に祈りなさい。そうすれば、現れて願いを叶えてくれますよ云々と説いているのではない。
修行して、観音と呼ばれるようになり、その人の死後の世界は、どのような世界であるかを、
説いているのである。決して、祈るために説かれたのではないのである。
文字の知識で解釈していくために、正しく文字の意味を理解できず、曲解してしまう。
だから、般若心経は、知識ではなく知恵でもって理解することである旨を伝えているのだが、
それすら間違って解釈してしまい、仏の訓えが、何の力も発揮できないものとなってしまっている。
「心無圭礙 無圭礙」である。「心は文字に礙げられない(さまたげられない)」としているのは、心の自由であるとしているのである。
だから、知恵をもって文字の解釈をすることである。

どうぞ、間違った解釈をしませんようにと念を押すために、般若心経には開経偈が付され説かれているのである。
「願解如来真実義」=「願わくば、如来の真実の意味をよく解さんことを」
「どうぞ、如来の真実を正しく解してくださいよ」と。これは、観自在と呼ばれるようになった修行僧の啓示である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命とは | トップ | 乱れを思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL