つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

他力本願

2009-05-05 | Weblog
憂いのない人に、どうして神が必要でしょう。
目的の為しえた人には、縋るものはいらない。
生きている限り、どんな人にでも、憂いはある。
目的があり、苦しみほとんどで生きている。故に、
生命にとって、この世は未完成の場であり、そのために迷いの場である。
そして、鍛錬の場となっている。
「知らない」から迷いが始まり、
生きる苦しみ、病む苦しみ、老いる苦しみ、死ぬ苦しみを味わう。
迷うからこそ、神仏が必要となる。
だから、愚かであればあるほど救われなければならない。
少しの気遣いで、気がつき正せるものは、師を求めなくてもいいが、
自分ではどうすることもできないほどの
愚か者であるからこそ、神仏の救いの対象にならなければいけない。
真っ先に。
神仏の要らない世へと渡る架け橋として、愚か者の世も
有難いと、迷いを正せる場として感謝して、この身尽きるまで
とにかく生きる。
善いことをしていきなさいと神仏は訓える。
この他力に「はい」と答えて。本願に報いる。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢を見て知る | トップ | 矛盾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事