浄土真宗 竹内山真證寺(chikudaisan sinsyou ji)

京都府亀岡市曽我部町にある真宗寺院、竹内山真證寺です。

マインドフルネスとブッダと親鸞

2016-10-12 16:47:51 | 日記
27年の比叡山での厳しい修行に挫折された。

 親鸞においては、いづれの行?にても及ばぬ身。


 そして、念仏でしか救われない境地に至られた。

 親鸞が語った言葉の端をいくら集めても、親鸞の真の他力本願にはたどり着かない。

 聖人に徹底していることは、無我の実践である。自我を捨てることが、彼の目的であるなら
ブッダの身教えに叶うことである。

 しかし、今日、一般的に真宗の教えとされるのが、例えば、親鸞がいずれの行にても及ばぬ身
と述べたのは、厳しい修行を行い、比叡山を降りることにしたからこそ、いずれの行も及ばない
私が見たのである。本来ならば、浄土真宗を体得?しようとすれば、親鸞と同じ所業をして
それに耐えられない、またそれでは自我を捨てられない私であることが、体験される必要が
あろう。そのような、親鸞の生涯に貫かれていたのが、前述の自我を捨て無我を実践することで
ある。
 親鸞は、方向・日などを選ばない。というのは自分の都合で、物事を判断しないということで、
阿弥陀の図らいによるもので、よく思っても、悪く思ってもそんなことは関係ないとする。
これも無我の働きの気づきのためであるが、
門徒やから、好きな日に、好きな方向を選んでもいいという考えには当たらない。
 
結婚についいて:これまた無我の実践となっている。戒律を破らざるを得ない自分に
気づき、六角堂の如意輪観音への100日の参詣で、如意輪観音が妻になって
現れようという夢告を受けて、恵信尼と結婚したのは、自分の好きな人と結婚した
わけではない。

肉食については、佐渡島に島送りになり、僧籍を剥奪されたため、
出家者のように精進料理を食べるから、汚れない自己型の脱出が
見られる。全ての命を平等に、深い感謝の気持ちを持っていただこう。
 ここでも、出家して修行を完就(カンシュウ)すれば悟れるという、
 自我から解き放たれ、他力(無我)によってのみ救われる境地に
至ったと考えられる。

これらの親鸞の言動は、本来ならば親鸞と同じ経験をしなければ辿りつけないで
あろう。それも厳格な悟りへの深い追求を持ってしか、たどり着けないもので
あろう。
 自然法爾とは自己の図らいをやめて、あるがままを、そのまま受け取ることである。
 これはブッダが、無我という自我にたどり着いたのと同様であろう。

ならば、我々は親鸞の行ったことを、修行に挫折した経験もなく、真似ても、
真実の目覚めには辿りくことができないであろう。と言って、27年間の修行を
して失敗することなどできはしない。
 (真宗僧侶は、元より修行すること自体を良しとしないが、それは親鸞の言説を
捉えての、判断であり、親鸞がなぜ修行は自分に相応しくないと判断したかの
経験なしに、その判断は適当ではない。

そこで、現在、ブッダの行った実践と同じ内容の体験をし、それが心身の改善に
非常に役立つことが、アメリカの大學の調査で判明した方法が、マインドフルネスと
呼ばれる、上座部仏教の流れにある瞑想法である。
座禅とも違う:集中(心の安定をもくてき)
マインドフルネス:集中(サマーディ)ー観察(ヴィパッサナー)ー気づき(サティ)ー
手放し(ニルバーナ)

ブッダの初期法輪の四諦・八正道の教えの実践法である。
ブッダの実践したことを自分でもやってみると、親鸞がなぜこのように語り、なぜ
そのような行動を行ったのか?という疑問の答えが見えてくる。

 風邪は阿弥陀さんに、もらいものと、自分で考えたらダメ。阿弥陀さんからのもらいものと、受け止める。?受け止めようとする努力はダメ?なのか?それはOK。

日を選ばないのは、与えらたものを、都合のいい悪いで、区別しない。暦を見て選ぶのや、自分の都合で暦に関係なく選ぶのも、どちらも自力。タンハーの働き。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある法事の朝の瞑想での気づき | トップ | 魚川裕司氏の「だから仏教は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。