YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

先月に引き続き大回りビワイチ。 なごり桜ツーリング。

2017-04-19 19:00:07 | 日記

6:30出発。 R1-西大津BPで阪本まで距離を稼ぎ、R161を北上。

琵琶湖大橋を湖東側へ渡る。  朝の通勤ラッシュで渋滞中。  

県道559号湖岸道路を北上、いつものように沖島を望む県道25号へ寄り道。 新緑と島を見ながら走る。

今日は北西風が強い。 湖面も波頭が砕けてる。 直線路を時々左斜めになりつつ走行。 道の駅【湖北みずどりステーション】でトイレ休憩。

 

駅から対岸の山腹に見える道路は、これから走行予定の奥琵琶湖パークウェイ。 先月末まで冬季閉鎖だった。

県道44号-R8-R303-県道557号-513号、奥琵琶湖パークウェイの取り付き道路。 半分以上は葉桜になってる。

対岸は海津大崎の桜並木だが、つい昨日に崖崩れが発生して通行止めになっちゃった。

追記:ネットニュースの画像。 気象庁のHPで近傍の降水量を検索したら、17日夜~18日未明の降水量は50mmを越えていた。

 

三年前のパークウェイ走行時は爽快なワインディングだったのだが、今回は桜の花が路面に山積してスリップしそうなので、慎重に走る。

程なく葛籠尾(つづらお)崎展望台。 桜のピークも過ぎ、平日なので閑散としている。 土産店や食堂のおばちゃん達も暇そうであった。

 展望台から湖北の眺め。 対岸は先ほど通った道の駅の近辺。 地面は桜花の化粧。

ここから先は安全確保のため、山麓まで一方通行となる。 対向車の心配がないのはありがたい。

眼下に小さな集落を望む。 月出地区。

R303に戻り再び西進、道の駅【マキノ追坂峠】。  トイレ休憩。

県道287号に寄り道、メタセコイヤの直線並木道。  新芽が出始めて、5月には美しくなるだろう。

近傍には牧歌的な景色。 YBR号もついでに撮影w

 

R161BPを南下、道の駅【藤樹の里あどがわ】から渋滞を避けるために県道23号で朽木方面へエスケープ、R367を南下。

途中越-大原-府道40号江文峠経由で帰京。

16:30帰宅。 あちこち寄り道をしたので、ほぼ10時間のちんたらツーリング。 走行距離約290km。 表定速度はやっぱり30km/h足らず。

いつもの如く、道の駅で買ったモノ。   新鮮で安価なので、母にも嫁さんにも好評ではあるw

R161でのビワイチ後半は渋滞&退屈なので県道23号もしくはR303-朽木-R367経由が多い。 桜は盛りを過ぎていたので仕方がないが、それなりに堪能したよ。

ランプ類をLED化して初めてのツーリングであったが、特に不具合も無く、ひと安心のおっさんであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘッドランプのLED化。 | トップ | 峠徘徊ツーリング@丹波。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。