YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

行ってきました 酷道308号 暗(くらがり)峠。

2017-07-23 21:46:24 | 日記

R24-京奈和道の城陽IC。 城陽IC-田辺北IC間は木津川を渡る。 近くに橋が無いので、この区間に限り、過去には原付も自動車専用道路を通行できた。

料金は普通車100円なので、通称「100円橋」と称した。 原付は10円。

新名神の建設で城陽ICの付け替えに伴い、2月から原付の本線通行が不可になったので、側道を設けて通行できるようになったので、走ってみた。

新木津川へのアプローチ。 歩行者・自転車・バイクの通行区分がある。

橋を京田辺側へ渡るが、料金所が無い。 見逃した覚えもないが。

Uターンしてもう一度渡ってみると、料金所?があった。 無人である。

往路は料金を払ってないので、料金箱に20円を投入して往復したw 撮影中に見ていたが、原付も自転車も大人は律儀に10円払っていた。

学生や若者はスルーパスする者が多かった。 10円くらいちゃんと払え!

もう一度木津川を渡り、R24へ戻る。 

R307を西進、交野市からR168-R163清滝TN-R170旧道を南下、箱殿交差点からR308を東進、近鉄奈良線を跨ぐといよいよ暗峠へ差し掛かる。

 

いきなり急勾配が出現。日蓮宗の寺院前。 ここら辺は1速から2速で通過。

民家の前も勾配が続く。

ここからはさらに急勾配。 1速走行でなければ登れない。 YBR号はあえぎつつ登坂。

このあたりが最急勾配なのかな? ネット検索情報によれば、最大31%・角度換算17度の勾配。

念のため、おっさんの関数電卓で計算してみた。   合ってるよw

四輪車のブレーキング跡が生々しい。 でも、狭い峠道でこれくらいの坂はおっさんは過去に何度も経験してる。 国道ゆえに有名になったようだ。

峠のピークは石畳の道。

江戸時代は暗越奈良街道・参勤交代や伊勢参りの要衝路だったそうだ。 なんでこんな峠が、という感がするが。

 

反対側から。

峠の茶屋があるが、商魂逞しく、入る気にはならない。  峠の石碑。 

手前の道標には安政六年己未〇建之。 なんとか読めるが。   

安政六年の干支は己未(つちのとひつじ)なので合ってる。 江戸時代末期の安政年間と言えば、1858-59年の安政の大獄。

井伊直弼が開国を強固に推し進め、反対者を弾圧。 首領格の吉田松陰は断罪。 翌1860年、桜田門外の変で井伊直弼は暗殺された。

右側は従是北 鬼取山元薬師十二丁。 左は大阪 伏見屋 以下判読不能。 もう一面は見るのを忘れた。w

峠のピークの頭上には信貴生駒スカイラインがあるが、ここからはアクセスできない。 そもそも二輪車は通行禁止である。 過去に二輪の事故が多発したのであろう。

スカイラインをくぐって、しばらく急勾配を下る。 1速でもエンジンブレーキが利きづらく、加速してしまう。 フロントブレーキがフェード・ベーパーロックしそうなくらいだった。

奈良県側の下りもかなりの急勾配だが、先程の登りと比較したら緩く感じるほど。  大阪府側への下り方面へは走りたくない。

生駒の街を見下ろす。

牧歌的な景色を眺めつつ走る。

生駒市内を横断、今月12日に走ったR308の東側を再度走ってR24で奈良市内に出る。

走行距離約160km、6時間ほど費やし、酷道308号・暗峠の走破ツーリングであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山に一度も登らぬ馬鹿、... | トップ | 京都府道・奈良県道47号 徘... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。