YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

峠徘徊ツーリング@丹波。

2017-04-23 22:32:32 | 日記

08:00前に出発。 R9-老ノ坂-亀岡からこのままR9を北上するのもマンネリなので、府道25号を走る。 (以下府道xx号をFxxと略す。)

F25は桂川を挟んでR9の北側をほぼ並行に走り、信号も交通量も少なく快適な道。

船岡でF19に合流、R9を南に跨いでF54-F453へ。 田植え前の田んぼで鳥たちが食事中。

鷺(サギ)の種類と思われるが、おっさんは詳しくないのでよくわからん。 四羽いたが、二組のつがいだろうか。

F453中山峠。 一車線の山道である。

 

唯一展望のある地点。 南丹市側の俯瞰。

中山峠の京丹波市側は二車線の快適下りワインディング。 

途中でこの季節に、満開の桜を発見。 

R173を北上、板坂峠を越えて【瑞穂の里さらびき】。 先日リニューアルされたようで、バイク専用のパーキングが設置されてた。 

  で、いつものTKG。  今回もカツオブシ&お茶漬の素を持参。 美味w

  駅のリニューアル後、JAF会員は食事後にコーヒーor紅茶が無料の特典。 

400円のTKGで280円のコーヒーが飲めるのはラッキーだが、酸味が効き過ぎておいしくなかったのは残念。

R9を少し東進してF445を北上、JR山陰本線と合流、胡麻-日吉。 道の駅は車もバイクも満車。  BBQの良い匂い。 

メインルートを外れてF364を持越峠方面へ。 峠のピーク近くの廃屋。  

下りの狭い道を行き、京都市域へ戻る。

宇津峡方面へバイパス。 快適ワインディング。

F50を南下、廻り田池を通過、越畑地区へ。  棚田がきれい。

樒原地区、神明峠を越え、水尾地区。

 画像右端から左下にかけて広がるのは、ここの地区特産の柚子の木畑。

桂川沿いに出る。 JR保津峡駅。 折りしも221系園部行き電車が停車中。

嵯峨野観光鉄道トロッコ保津峡駅。 新線付け替え後に廃線となった山陰本線の嵯峨-馬堀間を観光化。

最近、某女性タレント二人(I・MとY・H)が線路内に立入りした画像をブログにアップして、鉄道営業法第37条違反で書類送検された。

 

おっさんが小学校5-6年生の頃にはまだ蒸気機関車が客車を牽引して走ってて、下の画像の川原から撮影してたよ。

今でも鮮明に覚えている。 C57形5・15・39・89・127号機。 梅小路機関区所属。 おっさんのテツの原点でもある。 

梅小路機関区は現在、京都鉄道博物館の一部になってるが、おっさんの祖父は梅小路機関区でカマ焚き(蒸気機関車の整備)をしていた。 

父親も国鉄マン(大阪駅勤務)だったので、血筋は争えない。

 保津川下りの観光船。 

トロッコ亀岡発の嵯峨駅行き列車が到着。 こんな何も無い駅で観光客の乗降がある訳がない。

 程なく出発。 

余談だが、機関車はDE10形ディーゼル機関車。 短距離区間と入換用機関車なので、運転台は進行方向に対して横向きに設置されており、運転士は常に横を向いて運転する。

 転車台も機回し線も無いので、トロッコ嵯峨駅から亀岡駅へは推進運転となるが、亀岡側の運転台でDE10を遠隔操作してる。 

おっさんも過去に上り・下りと一回ずつ乗車したことがあるが、客車のベース(種車)がそもそも貨車で、それを改造した客車?なので、サスペンションは無いに等しい。

振動と騒音がもろに伝わる。 機関車の次位の客車はオープンカー(簡易的なルーフがあるだけ)なので、ディーゼル機関車のエンジン音と排気臭も強烈だった。 テツのおっさんも辟易。

貨車の荷物になった気分であったが、観光客受けは良いのかしら?

再びF50を京都市内へ進む。 六丁峠の登りで、先ほど走った保津峡を望む。

六丁峠。 直下で落石が道幅半分を塞いでた。

F50で嵯峨嵐山へ南下、帰京。 買ったものはコンビニの【うどんですかい・そばですかい】だけ。  

 

停車発進時にギクシャク感が大きくなったので、帰宅途中でドライブチェーンを見ると、弛みが50mmを越えてる。

とりあえず清掃・グリス給油して帰宅後にチェーン調整をしたが、チェーンの弛みが大きい箇所と小さい箇所が出来ている。

そろそろチェーンの寿命かも知れない。 以前にスペアを買っておいたので、慌てずに済むけどね。

本日の走行約190km。 給油トリップ432.0km 給油量8.00L 燃費54.00L。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先月に引き続き大回りビワイ... | トップ | アメリカンスピリット クー... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。