YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

峠徘徊ツーリング@信楽周辺。

2017-08-30 22:22:25 | 日記

宇治川沿いにGO。 JR奈良線103系オンボロ電車が通過。  F3 天ヶ瀬ダム・宇治川ラインは7月22日-8月31日の間、二輪車通行禁止。

なので、宇治市から宇治田原町へ抜ける市道を走り、R307を跨いでF62 犬打峠へ。  1-1.5車線道路。

和束町への下りは急勾配ヘアピンの連続で、眺望は全く利かない。 F5に合流。  和束町は茶の生産地。 

京都ブランドの所謂「宇治茶」の大半がここの産。 番茶から玉露まで、値段はピンキリ。 峠のピーク付近にも茶畑がある。

F5を北東へ、R307-R422-K334へ。 ここも狭い道路。  2015年6月以来の走行。

「鶏鳴八滝」の標識を左折。 程なく滝の入口。(見出し画像) ここまでは2015年6月に来た。

第二の滝、「垂尾(しだりお)の滝。」

主瀑の第四の滝、「鶏鳴の滝」。 信楽町なので狸がお出迎え。  高さ13m・幅11mの堂々たる滝。

滝上部。 なかなか迫力がある。

滝壺。 付近には誰もいない。 日光が届かない薄暗い林の中で、しばし滝の音に癒される。 逆説的だが、「動」であり 「静」である、そんな心境。

K334に戻り、峠のピーク手前。 前回の記事と重複するのはご勘弁を。 「仕置場」。

説明も前回の記事と重複するので割愛する。  南無妙法蓮華経と南無阿弥陀仏が同居。

仏花や卒塔婆があるので、お参りに来る人もいるようだ。

ピークの御斉(おとぎ・おとき)峠。 滋賀・三重県境。   山口誓子の石碑。 

三重県側の眺望。 雲底が低く、コントラストも低い画像。

御斉峠を三重県側に降り、 R422-K674-K49 道の駅「あやま」。 本日定休日。  トイレ休憩のみ。

K49を南下、R25旧道を西進。  今のR25は名阪国道・自動車専用道路なので125cc以下は通行できない。 鄙びた旧道を行く。

伊賀上野市街をパスして名張川沿いに出て、K4を西進。

柳生からR369、程なくまだ走ったことのないK173を北西へ。 

川沿いの1車線道路。 郵便カブ氏とすれ違ったが、人家があったかしら?

K173-K33-いつものF47-岩船寺前-F752-F44-R307に出たところで、R307をクロスした北にある「海住山寺」へ寄ってみる。

途中からいきなり急勾配のヘアピンで、1速走行。 坂の途中に山門が孤立。

おそらくアクセス改良のために無理に車道を整備した結果、山門前後の参道が犠牲になったと思料される。

本門前の石段も途中でぶった切られ、新しい石段が道路沿いに。 いささか興醒めではある。

石段を上ると門の前。  入ると拝観料を取られるので、外から撮影。  国宝の五重塔や重要文化財もあるそうだ。

余談だが、この近辺の有名な寺は軒並み400円の拝観料。 裏で協定でも結んでおるのであろうか。

寺の前からはJR加茂駅近くの高層マンションが見える。  

R307に戻り、F5-和束-F321。  ピークで一服。 

R24に出て帰宅。 今回もK4の月ヶ瀬の店で激安ミョウガをたくさん購入。  新鮮なので美味であったよ。

本日の走行約200km。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっさんのトマソン物件。 | トップ | 昭和レトロな移動販売車。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。