YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

転ばぬ先の杖 バッテリを交換。

2016-11-02 16:48:10 | 日記

先月は頻繁に出かけたので、今日のおっさんの休日はYBR号と共にしばし休憩。 久々に洗車がてら始動してみる。

10月初めからセルフスタータの回転が遅くなったなと感じていたが、いよいよ怪しくなってきたので、バッテリを交換することにした。

経験上、何の前触れもなくバッテリが突然死するのはよくあること。 バッテリは消耗品であるし、四輪用のバッテリも3年で交換が目安であるよ。 

2013年10月YBR購入直後の12月、ネット通販で購入した中華製激安SUPER 納豆バッテリ。 3年放置後、電解液は未充填で新品状態なのだが、無事に復活するかどうか?

電解液を注入。 すぐにバッテリが暖かくなる。 雰囲気温度は20℃位だが、液温は32℃に上昇。

  

液を注入して10分後の初期電圧は12.75V。 一応OKだが、念のために同時に購入したトリクル充電器で補充電をしておく。 

充電初期電圧は13.0V位だが、徐々に上昇。 電流は0.72A。 充電器定格の0.75A上限ギリギリ。

  

充電完了後は15.3V前後で安定。

電流値は0.37Aまで落ちた。

補充電が済んだ新バッテリをリプレース。 セルフスタータは勢いよく作動。

 

旧バッテリの状態。 補充電してみた。 旧バッテリ品番はTIANJIN(天津)YUASA YTX7L-BS、SUPER 納豆はSTX7L-BS。 両方とも充電規格はMAX0.7A 5-10HRの表示。

  

充電終了時は15.3V・0.23A、充電後は無負荷で13.7Vとそれほど悪くない数値。 3年使用後の御老体バッテリだが、一応予備に置いておくとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレッシュタイヤの皮むきプ... | トップ | 秋の三重県・一泊ツーリング... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。