YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

久々の琵琶湖一周+余呉湖一周+新・道の駅ツーリング。

2017-03-19 20:01:34 | 日記

朝7時過ぎに出発。 いつもは湖東側から反時計回りにビワイチをするのだが、今回は趣向を変えて時計回りで行くことにする。

少しズルしてR1山科-西大津BP-阪本-R161を北上、県道558号へ外れたところから比良山地を望む。 右端の山の裏側がびわ湖バレイスキー場。

 

R161に戻り、白髭神社。 湖中に鳥居があるだけが取柄。 湖西側は面白いものは少ない。 あとは浮御堂くらいか。

 

予報は晴天だったが、ここらでいきなり冷たい時雨に会う。 いわゆる「比良の八荒」か? 幸い、30分くらいで止んだ。

道の駅「藤樹の里あどがわ」。    トイレ休憩のみ。

R161高島BP-西近江路で距離を稼ぐ。

マキノから県道336号・桜の名所、海津大崎へ。 あと半月も経てば、桜並木が満開で人と車がごった返すことになる。

短いトンネルをいくつか抜け、竹生島を望む。 

  

県道336号・旧塩津街道へ寄り道して湖畔を走る。 

山肌に見える道路は奥琵琶湖パークウェイ。  まだ冬季通行止めであった。

R8を少し北上、JR湖西線をくぐる。  

JR近江塩津駅。 北陸本線と湖西線の分岐駅である。 後述するあぢかまの道の駅との共同企画・出資でリニューアルされたらしい。

簡易委託駅なので、近所のおばちゃんが窓口に。 出札業務(きっぷを売る)しか出来ない。 JR西日本では無人駅扱いである。

R8を引き返して道の駅「塩津海道あぢかまの里」。 「あぢかまの」は「塩津」にかかる枕詞だそうだ。 「あぢかま」はこの地に越冬にやってくる水鳥の「鴨」の意。

 見た目は派手な若者のバンドがライブイベント中であった。  でも、曲目は山本リンダ・沢田研二・イルカ等の懐かしバージョン。

木ノ本からR365を北上、余呉湖へ。 北陸本線の踏切から線路を眺めるのが好きなレールフェチのおっさんw

 

余呉湖を反時計回りに一周する。 周囲長わずか6.4kmの湖。 面積1.97平方km、湖面標高132mと琵琶湖とは約50mの標高差がある。

ちなみに琵琶湖は周囲長241km、面積670平方kmで滋賀県の約13%。 湖面標高84m。 周囲長は湖周の道路長とは異なる。

余談だが、滋賀県民以外は、琵琶湖が滋賀県に占める割合は50%くらいだとイメージしてるフシがあるらしい。

 

 1.5車線の細いワインディング。  北側にはまだ残雪が。 

ビワイチのおまけにヨゴイチをしてきた。

R8-R365を東南へ、昨年出来た滋賀県20番目の新・道の駅「浅井三姉妹の郷」。 当地の領主・浅井長政の三人の娘にちなむ。

長女の淀殿(茶々)は秀吉の側室、次女のは京極高次の正室、三女のお江は徳川秀忠の継室。

    

名前のわりに、また地元の商工所が運営してるわりには施設も、売ってる野菜類もショボイ。 期待ハズレであったよ。

施設は昨年から営業してるんだが、24時間利用可能のトイレ設備が無いと国土交通省から正式に「道の駅」の登録が出来ないんだそうだ。

で、トイレが供用開始日の3月25日にグランドオープンするらしいが、この先あまり寄りたくもない気分でもある。

県道273号を西進、R8との交差点、「酢」。   何とも珍妙な地名である。

湖東の湖周道路・県道2号を走り、道の駅「近江母の郷」。    トイレ休憩のみ。

湖西側は霞んでしまって、何も見えない。 琵琶湖がまるで海のようである。

県道25号湖周道路をひたすら南下して眠くなってきたので、、旧25号を湖岸沿いにスイッチ。  狭いワインディングを走って覚醒する。

以前ブログに書いた、日本唯一の湖上にある有人島の沖島。 

琵琶湖大橋東詰手前で、菜の花畑があった。   子供連れ家族&カップル多し。

県道559号・道の駅「草津」でトイレ休憩して、さらに南下。  琵琶湖大橋と近江大橋は今回は渡らず。

瀬田の唐橋を西に渡り、ややインチキではあるが、時計回りビワイチとおまけの余呉イチをして、

R422-宇治川ライン府道3号のワインディングを最後に楽しんで帰京。

今日の収穫はレタス・白菜の漬物・菜の花のみ。

 

17時過ぎに帰宅。 今日の走行距離約280km。 10時間余り運転したので、尻が痛いw

 

今回は琵琶湖を時計回りに走ったが、午前は湖が東、午後は西に見えるので、いずれも逆光で湖を見ることになる。

また、左側通行なので、湖側の風景が見ずらいし、時差式信号機(対向車線の右折可の矢印信号)に引っかかり易い。

なので、反時計回りの方がメリットは大きいかな。 

時計回りのメリットと言えば、今回は走れなかった奥琵琶湖パークウェイを走る時に遠回りにならないのと、

反時計回りに走るバイクが多いので、より多くのライダーとすれ違う。 挙手であいさつしてくれるライダー氏にもたくさん出会って、気持ちよく走れたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒天なのでニベアクリームで... | トップ | 春の彼岸の墓参りと近郊ぶらり。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。