相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

大和三門跡寺院の一つ、品格漂う尼寺「法華寺」

2017-04-30 15:19:49 | 寺院
奈良市法華寺町に大和三門跡に数えられ、品格ある尼寺として知られている光明宗寺院「法華寺」はある。創建は天平17年(745)、東大寺が総国分寺、法華寺が総国分尼寺(法華滅罪之寺)、法華寺門跡となされように創建当初(天平時代から)から1250年以上続く由緒ある寺院である。本尊は国宝の十一面観音である。境内には切妻造、本瓦葺の四脚門「南大門」、正面に慶長6年(1601)再興の「本堂」、右に入母屋造りの「鐘楼堂」、本堂左に杜若で有名な「名勝庭園」と「慈光殿」、右に「護摩堂」、「横笛堂」、100本の椿、法華寺蓮など約750種の花木・草花がある「華楽園」、本堂裏手に「光月亭」がある。また法華寺に伝わる「お守り犬」もある。皇族や公家の方たちの入寺されたお寺「門跡」の名に相応しい格式高き寺院であった。(1704)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大宮人の息吹が聞こえてきそうな「平城宮跡」

2017-04-30 13:37:28 | 史跡・遺跡
奈良市登大路町に平城京の宮城である大内裏があった「平城宮跡」はある。平城宮跡は唐の長安を模して造営された平城京の中枢施設があった所で、佐紀路の南側に広がる東西1.3km、南北1kmの広大な跡地には「大極殿基壇」、「南面大垣」、「朱雀門」、「東院庭園」等が復元されている。中でも一際目を惹くのが平城京の正門となる高さ22mもある「朱雀門」である。朱色の大きな柱に囲まれた「大極殿」には天皇の着座する玉座が再現されている。まるで奈良時代にタイムスリップしたかのような雅な空間には大宮人の息吹が聞こえてきそうである。(1704)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山と芝桜のパノラマ「2017 富士芝桜まつり」!!

2017-04-29 21:29:46 | 祭り
山梨県富士河口湖町本栖の富士五湖地域(富士本栖湖リゾート)で春の風物詩&イベントとして定着し今年は記念すべき10周年の「2017 富士芝桜まつり」が4/15〜5/28日の44日間にわたり開催中である。約2.4haの広さの会場には首都圏最大級7種類、約80万株のピンクや赤、紫、白といった芝桜が一面を埋めつくす。雄大な世界文化遺産・富士山を望むことができ芝桜との競演が見られる。期待を胸に訪れた日は残念ながらまだ4、5分咲きで少し早すぎた感もあるが、それでも7品種の色とりどりの芝桜が織り成す完成間近の絵画のような幻想的な美しい景色・絵模様、グラデーションには思わず息をのんでしまう。富士と芝桜の競演、その圧倒的な美しさからアメリカ・ CNN が発表 した 「日本の美しい風景 31 選」 にも選ばれた。富士の「春の訪れを告げる花祭典=富士芝桜まつり」はまもなく佳境を、クライマックス迎えようとしている。(1704)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模原公園「グリーンハウス」前に可愛らしい「金魚草」

2017-04-24 16:32:15 | 公園・庭園
県立相模原公園」の噴水広場前にあるサカタのタネ「グリーンハウス」(大温室)玄関前に可愛らしい金魚を連想させる愛嬌のあるふっくらとした花形が特徴の色とりどりの「金魚草」が鉢植えながらは来場者を迎え入れている。花の咲いた姿が金魚のように見える一年草で鮮やかなバラエティに富んだ色彩で楽しませてくれる花である。甘い香りを漂わせ、竜に見立てて「スナップドラゴン」とも呼ばれている。一重咲き、八重咲き、花が杯状に大きく開くペンステモン咲きといくつものの品種がある。学名のマユス(majus)5月を意味し本来は5月ごろに開花の盛期であるが先日の「フラワーフェスティバル」にタイミングよく咲いてくれたようだ。(1704)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模原公園のチューリップ鮮やかに!!

2017-04-23 15:58:16 | 公園・庭園
相模原公園クスノキゲート前にある「みんなの花壇」はいま扇状に植えつけられた数千本はありそうな「色とりどりのチューリップ」が満開となって美しい彩りを魅せている。チューリップは丸いフォルムに細長い茎、赤や白に黄色といったカラフルな色合いの花びらを見ることができるかわいらしい花である。チューリップ見かけると春だなと思う。カラフルさといい独特の花姿と言い堪らない魅力を持っている花である。目を惹いたのはブラウニー、真っ黒の「ブラックヒーロー」、ダベンポート、レースのフリルを纏ったような「ファンシーフリル」、クリスビオンラブ、プリンスクラウスなどなど。集合体で見ると綺麗な「花帯」か「花グラデーション」を見ているようでまさしく「チューリップワールド」に来園者を虜としている。(1704)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加