相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

広大な神域を誇る「箭幹神社」

2017-09-21 14:21:34 | 神社
町田市矢部に多摩丘陵地帯の南端に最も規模の整った「箭幹八幡宮」はある。全国の八幡さまの総本宮である九州の「宇佐神宮」の御霊を616年勅命により勧請した。御祭神は応神天皇。鎌倉道に沿い建つ「大鳥居」を潜ると100m以上の長い参道が続く、木造の「二の鳥居」、明治以前の神仏混淆時代の名残り「両部鳥居」に至る。約4千坪の広大な境内には右に「鐘楼」、左に「神楽殿」、中央の石段上に当社のシンボルとされて朱塗りの「随身門」(入母屋造りで銅板葺き、正面は唐破風付で江戸時代中期の建築で市文化財指定)、その正面に高貴な人物の立像、その左右に従者が描かれた彫刻が施された「拝殿」(大正4年建築、築100年)、拝殿の背後に総ケヤキ造り、一間社流れ造り、「覆殿」をもつ 「本殿」(寛政6年(1794)建築)、拝殿前右側に「子育て獅子」の像が建ち並ぶ。永らく小田原の北条氏の配下であった「小山田氏一族」の氏神として地域の総鎮守として崇敬されていた。「社務所」前駐車場には数本の芙蓉が終焉の美しさで咲き乱れていた。(1709)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大野台~麻溝台から西大沼の... | トップ | 小山田町の丘陵地帯に広がる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社」カテゴリの最新記事