相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

1400年代初期開山の「橋本山香福禅寺」

2017-03-06 13:42:57 | 寺院
相模原市緑区橋本に臨済宗鎌倉建長寺末寺の「橋本山香福禅寺」はある。1400年代初期に建長寺67世蔵海性珍が開山、矢嶋左近某が中興した。本尊は運慶作の「地蔵菩薩」である。当寺の支院として「延寿堂」と「常慶庵」があることが風土記に記載されている。「本堂」左にある江戸時代後期建立の「四脚門」を潜ると境内には「本堂」、「客殿」、橋本元宿より移され薬師如来を安置している「薬師堂」、貞亨3年鋳造の「鐘楼」、「六地蔵」、禅庭中央には威風堂々ご神木の存在感を示している樹齢400年超えの「高野槙の大樹」、モミジやヤマボウシなどの木々に囲まれた苔むした池には開花した梅が映り込み趣を添えている。(1702)












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県立相模原公園の「オカメザ... | トップ | 山手西洋館巡り その2「山手1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL