相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

関東三天神と称されている「谷保天満宮」

2016-10-13 11:01:14 | 神社
国立市谷保に東日本では最古の天満宮といわれ、関東三天神のひとつと称されている「谷保天満宮」はある。創建(社伝)は延喜3年(903)。菅原道真の三男である道武が父を祀る廟を建てたことに始まる。明治18年には府社に昇格。祭神はもちろん菅原道真公である。学問の神・菅原道真を祀っていること、またその歴史の長さから受験シーズンには受験生やその親達の祈願で境内は合格祈願の絵馬で埋め尽くされる。谷保と書いて「やぼ」と読む。ただ地名も南武線の谷保駅名もは「やほ」である。江戸時代の狂歌師の大田蜀山人(南畝)が「神ならば 出雲の国に行くべきに 目白で開帳 やぼのてんじん」と詠んでいる。ここから「野暮天」または「野暮」の語を生じたとされる。当天満宮は甲州街道から「鳥居」を潜って石段を下りて境内に入っていく構造で境内右手に彫刻を施した「社殿」(拝殿の後方に本殿)、左手に「社務所」がある。また石段左手には「神楽殿」がある。社宝として後宇多天皇勅額「天満宮」(国指定重要文化財)と村上天皇奉献「狛犬一対」(国指定重要文化財)が所蔵されている。また梅の名所としても知られ境内の甲州街道側には「350本の梅園」があり毎年3月に開催される「梅まつり」多くの観梅者で賑わう。境内社も多く稲荷神社、蒼守稲荷神社、淡島神社、第六天社、厳島神社、稲荷神社、妙義神社、日吉神社、熊野神社、天照皇大神宮の12社が祀られている。(1610)














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相模原公園の「コスモス」が... | トップ | 新磯の「ざる菊」開花の兆し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL